ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãž ぎ 寂しい æ—Ĩ常。 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãžã§ã‚‚å¯‚ã—ããĒい!?「孤į‹Ŧ」とぎ上手ãĒäģ˜ãåˆã„æ–šīŊœ@DIME ã‚ĸットダイム

ぎ 寂しい æ—Ĩ常 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãž ぎ 寂しい æ—Ĩ常 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãž

ã§ã‚‚ã€ãĄã‚‡ãŖと勉åŧˇä¸čļŗでした。 äž‹ãˆã°ã€å­č‚˛ãĻもäģ‹č­ˇã‚‚、åŽļ族ぎ中でだけ劊け合ãŖãĻいãĻはį„Ąį†ãŒå‡ēぞす。

1
ぎ 寂しい æ—Ĩ常 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãž ぎ 寂しい æ—Ĩ常 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãž

äģ•äē‹ã‚„勉åŧˇã€æ‹æ„›ã‚„友äēēé–ĸäŋ‚でぎ゚トãƒŦã‚šã€é•ˇæ™‚é–“åŠ´åƒã‚„įĄįœ ä¸čļŗ、äŊ“čĒŋä¸č‰¯ãĒおぎ原因が思いåŊ“たるときは、ぞずそれを取り除くようåŋƒãŒã‘ãĻ。 å­Ļæ­´ éĢ˜æ Ąãƒģ大å­ĻãĒお 【į‹ŦčēĢãŧãŖãĄåĨŗぎ寂しいæ—Ĩ常 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãžãŽå¯‚ã—ã„æ—Ĩ常 】æ¤ŋハã‚ŗさんぎå­Ļæ­´ éĢ˜æ Ąãƒģ大å­ĻãĒお はæœĒå…ŦčĄ¨ã§ã™ã€‚

ぎ 寂しい æ—Ĩ常 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãž ぎ 寂しい æ—Ĩ常 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãž

ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãžãŽč€åžŒã‚’äģŠã‹ã‚‰č€ƒãˆãĻおく。 それをクãƒĒã‚ĸすることãĢよãŖãĻã€ã€ŒãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãžã€ãŽæ™‚é–“ã‚’å ĒčƒŊする、しãĒいãĢé–ĸわらず、よりæĨŊãĢį”Ÿãã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒることはありぞす。 朝、おはようございぞすīŧãŖãĻ 有į„Ąã‚’č¨€ã‚ã•ãščĩˇã“されãĻ éŖŸãšãŸãã‚‚ãĒい朝éŖŸãŒé‹ã°ã‚ŒãĻくる。

ぎ 寂しい æ—Ĩ常 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãž ぎ 寂しい æ—Ĩ常 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãž

いろいろ、だよ åĨŗå„Ēぎ釈į”ąįžŽå­ãŒ13æ—Ĩ、éƒŊå†…ã§ã€ã‚¤ãƒĄãƒŧジキãƒŖナクã‚ŋãƒŧを務めるčąĒåˇžãƒ¯ã‚¤ãƒŗ「イエロãƒŧテイãƒĢã€ãŽã‚šãƒšã‚ˇãƒŖãƒĢイベãƒŗトãĢį™ģ場し、įĩåŠšéĄ˜æœ›ã‚’全開ãĢした。 「こんãĒãĩうãĢãĒりたいãĒ」と思える゚テキãĒåĨŗæ€§ãŸãĄãĢã¯å…ąé€šį‚šãŒã‚りぞす。 ã‚‚ãĄã‚ã‚“ä¸€įˇ’ãĢ過ごすį›¸æ‰‹ã¯ã€æ‹äēēや配åļč€…ã§ã‚ã‚‹åŋ…čĻã¯ã‚りぞせん。

6
ぎ 寂しい æ—Ĩ常 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãž ぎ 寂しい æ—Ĩ常 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãž

ãĄã‚‡ãŖã¨č€åžŒãĢã˛ã¨ã‚ŠãŖãĻさãŗしいし、 å­¤į‹Ŧæ­ģはやだãĒぁ。 č‡Ēåˆ†ã˛ã¨ã‚Šã§ã¯æ„Ÿæƒ…ã‚’æ­ĸめられãĒいときは、čĒ°ã‹ãĢį›¸čĢ‡ã™ã‚‹ã“ã¨ã§æ°—æŒãĄãŒå¤‰ã‚ã‚‹ã“ã¨ãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚

ぎ 寂しい æ—Ĩ常 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãž ぎ 寂しい æ—Ĩ常 ãŠã˛ã¨ã‚Šã•ãž

é–ĸæąãŽåĨŗ性は、たくぞしいといえるぎかもしれぞせんね。 いずれãĢしãĻも、æœŦæĨ­ã¨ãƒĻãƒŧチãƒĨãƒŧバãƒŧãŽä¸ĄįĢ‹ã§å‹•į”ģをäŊœãŖãĻいるæ¤ŋハã‚ŗさん。

10