リコール と は。 リコールとは

は リコール と は リコール と

リコールステッカーの貼付け廃止後、リコール実施の有無は以下の方法にてご確認いただけます。

は リコール と は リコール と

地方議員の解職 対象の議員のの有権者(選挙区が無い場合は地方自治体の全有権者)の3分の1以上(40万を超えるときは、40万を超える数の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上、80万を超えるときは、80万を超える数の8分の1と40万の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上)の署名を集めると、選挙管理委員会に請求できる(地方自治法第80条第1項)。

7
は リコール と は リコール と

リコール原因が「国が定めている保安基準をクリアすることができない重大な欠陥がある」と認定された場合などで、最近ではタカタ製のエアバッグの異常破裂などがこれに該当します。 詳細は「」を参照 解散請求 [ ]• ・オートマ車での誤った操作によるエンストに関するビデオはからご覧下さい。 山口県議会 - 2005年1月30日の住民投票で解散した。

20
は リコール と は リコール と

選挙から6ヶ月間(無投票当選を除く)は解任請求をすることができなかった(旧農業委員会法第14条第4項)。 他の競技でのに相当。 請求が有効であれば、首長が議会に付議し、議員の3分の2以上が出席し、その4分の3以上の多数による同意があれば職を失う(地方自治法第87条第1項)。

は リコール と は リコール と

旧農業委員会公選委員の解任 2016年3月31日までは公選委員選挙の有権者の2分の1以上の同意を得て、選挙された農業委員会の委員の解任を市町村の選挙管理委員会に請求ができた(旧農業委員会法第14条第1項)。 2004年9月19日にリコールを問う住民投票が行われたが、過半数の賛同を得られなかった。

7
は リコール と は リコール と

2011年12月5日、リコールを問う住民投票が告示され 、25日に行われる予定だったが、22日に市長を辞任したため行われなかった。

12