フィゾー の 実験。 第1節 光の進み方

の 実験 フィゾー の 実験 フィゾー

そのため前節の式は まったく同様にして となりますので、干渉縞の幅を単位としたときの干渉縞の移動量は となります。 しかし実は、光の速度がきちんとわかったのはつい最近のことです。

9
の 実験 フィゾー の 実験 フィゾー

干渉縞の移動量は流速が増大すれば、それに伴って増大した。

の 実験 フィゾー の 実験 フィゾー

光はレンズ C を通って平行になり,レンズ D を通って反射鏡の E 点に像を結ぶ。

の 実験 フィゾー の 実験 フィゾー

圧力をかけて作られた水流が長時間は保たないからである。

12
の 実験 フィゾー の 実験 フィゾー

[補足説明] エーテルの風を仮定してもフレネルの随伴係数の理論が有ればこの実験結果を説明することはできるのですが、 それは一つの解釈に過ぎず、もっと根源的な解釈が有ることを否定するものではありません。

3
の 実験 フィゾー の 実験 フィゾー

地球は太陽のまわりの公転や自転、あるいは太陽系全体としての運動の為に、ここで仮定されている絶対静止の宇宙空間に対して動いています。 そのや、を参考にしながらお読み下さい。

18