マクロ csv 読み込み。 VBAでテキストファイル・CSVファイルを読み込むには-Openステートメント・Line Input #ステートメント:エクセルマクロ・Excel VBAの使い方/マクロのサンプル

読み込み マクロ csv 読み込み マクロ csv

Option Explicit Sub Sample Application. ClearContents メソッドは指定した範囲の数式と文字を削除します。 このため引数を省略すると既定値ではなく、前回の値になることに注意してください。

1
読み込み マクロ csv 読み込み マクロ csv

2行目に「取込ファイルパス」を入力する欄を作成します。 マクロを実行すると次のような画面が出てきて、 CSVファイルのみを選択できるようになります。 よく問題になるのは、文字列の 1項目内にカンマが文字として混在しているとか、文字列の 1項目内に改行があるなどです。

5
読み込み マクロ csv 読み込み マクロ csv

" For Input As intFF のような感じです。 マクロを使っていいならいろいろ方法はあるでしょうが 一例として 1)マクロを組み込みたいブックを開き、[Alt]+[F11]でVBエディタを開きます。 会社ごとのデータ このように会社ごとの「科目コードと科目名」のデータがあり、対象となる会社を変える場合には「CSVデータ取込み」ボタンを押して該当する会社の CSVファイルを選択してデータを読み込んで使う前提のものです。

16
読み込み マクロ csv 読み込み マクロ csv

ファイルの終端に到達したらループ処理から抜けるよう、EOF関数にファイル番号を指定します。

7
読み込み マクロ csv 読み込み マクロ csv

というわけで、そんなたくさんのデータを扱うのに便利なExcel VBAサンプルです。 A列は頭に0が付いた文字列にしたい、またB列は文字列になっているのでシリアル値にしたい と思います。

読み込み マクロ csv 読み込み マクロ csv

" If ofn "False" Then Workbooks. 部品表というブックがあります A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。 "ファイルの種類を説明する任意の文字列, ファイルの拡張子" それではサンプルコードで確認しましょう。

9
読み込み マクロ csv 読み込み マクロ csv

ここで今回の主役 Splitです。 A列 B列 C列 商品名 商品番号 コード モータ U-1325-L ホルダ R-134256 また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

20
読み込み マクロ csv 読み込み マクロ csv

。

3