お 身体 に 気 を つけ て 敬語。 体調を気遣う言葉「お体に気をつけて」の使い方と類語

て つけ お 身体 に を 敬語 気 て つけ お 身体 に を 敬語 気

嫌な気はしないまでも、なにかモヤっとしたものが残るのではないでしょうか。

15
て つけ お 身体 に を 敬語 気 て つけ お 身体 に を 敬語 気

お体ご自愛ください。 基本的に「お体に気をつけて」は手紙やメールで使われることが多いでしょう。

て つけ お 身体 に を 敬語 気 て つけ お 身体 に を 敬語 気

英語や韓国語の「頑張ってください」は? 気軽な割には使い方の難しい「頑張ってください」ですが、外国語ではどのように表現されているのでしょうか。 また、定年退職される方の場合は、「十分に、お体に気をつけて楽しい日々を過ごされてください」などのように、仕事を辞めたあとの生活を楽しんでもらいたいという伝え方ができるでしょう。

16
て つけ お 身体 に を 敬語 気 て つけ お 身体 に を 敬語 気

そんなときに失礼の内容に上司を労うメールの文面いについて紹介します。 これは、日本語として見ても特に誤りのある表現ではありません。

1
て つけ お 身体 に を 敬語 気 て つけ お 身体 に を 敬語 気

女性なら「ませ」をつけることで、女性らしさとビジネスモードを出すことができます。 たとえば「気をつけてほしいと思います。

6
て つけ お 身体 に を 敬語 気 て つけ お 身体 に を 敬語 気

「頑張ってください」と同様に「お体に気をつけて」は普段から使う言葉だと思います。 相手の体を労わるときの表現 相手の体調や体を労わるときには「お気をつけてください」という表現もありますが「ご自愛ください」という表現もあります。

て つけ お 身体 に を 敬語 気 て つけ お 身体 に を 敬語 気

「お体に気をつけて」と「ご体調に気をつけて」の使い分け 「ご体調に気をつけて」と「お体に気をつけて」は、同じ意味で使うことができます。 「お体ご自愛ください」でも問題ありませんが、「お体に気をつけてください」も問題ありません。

10
て つけ お 身体 に を 敬語 気 て つけ お 身体 に を 敬語 気

先ほどご紹介した「道中」でもありましたが、ビジネスでは出張する人に対して「気をつけて」を使うことが多いので覚えておくと便利です。 企業や団体が相手の場合は「ご健康とご活躍」などの表現にするとよいでしょう。