検æŸģč–Ŧ 陰性 į”Ÿį†æĨãĒい。 åĻŠå¨ æ¤œæŸģč–Ŧが陰性ãĒぎãĢį”Ÿį†ãŒæĨãĒいīŧåãæ°—ã‚‚īŧč€ƒãˆã‚‰ã‚Œã‚‹åŽŸå› ã¯īŧŸ

陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ 陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ

先月īŧˆ7月īŧ‰ã¯28æ—Ĩ周期できぞした。

14
陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ 陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ

たしかãĢ、į”Ÿį†ãŒãĒかãĒかこãĒくãĒるåŠĻäēēį§‘ぎį—…気もありぞす。 å‡ē典īŧš ということは、「 åĻŠå¨ æ¤œæŸģč–Ŧでé™Ŋ性反åŋœãŒå‡ēる前からåĻŠå¨ čļ…初期į—‡įŠļがå‡ēãĻいる可čƒŊ性がある」ぎです。 åĻŠå¨ ã—ãĻいãĻも、検æŸģč–ŦぎäŊŋį”¨æ™‚期が旊すぎた場合ãĒおは、 é™°æ€§čĄ¨į¤ēされることもしばしばありぞす。

陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ 陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ

あãĒたは、ãĩã ã‚“čƒŒä¸­ãŒãžã‚‹ãžã‚Šã‚„ã™ã„ã§ã™ã‹īŧŸ 写įœŸãŽã‚ˆã†ãĒå§ŋå‹ĸãĢãĒることが多ければ、手čļŗをäŧ¸ã°ã—ãĻしãŖã‹ã‚ŠčƒŒä¸­ã‚’äŧ¸ã°ã—ãĻください。 į”Ÿį†äēˆåŽšæ—Ĩから、かãĒãƒŧりしãĻからåĻŠå¨ ãŒ わかãŖた斚いぞすかīŧŸīŧŸ į§ã¯ã€å…ˆæœˆãŽīŧ’īŧ•æ—ĨあたりãĢæĨると思ãŖãĻいぞしたが į”Ÿį†ãŒæĨãĒいぎで月æœĢとäģŠæœˆãŽé€Ŗäŧ‘ãĢも検æŸģč–Ŧを čŠĻしぞした。 åĻŠå¨ æ¤œæŸģč–Ŧå–ã‚Šæ‰ąã„ã¯äģĨ下ぎ通りです。

18
陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ 陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ

「åĻŠå¨ ã—ãĻいãĒければお酒をéŖ˛ãŋãĢčĄŒã‘ã‚‹ã€ãĒお、åĻŠå¨ ã—たらできãĒくãĒるæĨŊしãŋを思いæĩŽã‹ãšã€åĻŠå¨ æ¤œæŸģč–Ŧが陰性ãƒģé™Ŋæ€§ãŠãĄã‚‰ãŽįĩæžœã§ã‚‚åŋƒãŒčŊãĄį€ã‘るようãĢæē–備しãĻãŠããŽã‚‚č‰¯ã„ãŽã§ã¯ãĒいでしょうか。 排åĩæ—Ĩぎ遅れ åĻŠå¨ æ¤œæŸģč–Ŧが陰性で1ãƒļ月į”Ÿį†ãŒæĨãĒいけお、åĻŠå¨ ãŽå¯čƒŊ性があるとしたら「排åĩæ—ĨãŽé…ã‚Œã€ã‚‚č€ƒãˆã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚ åĻŠå¨ æ¤œæŸģč–Ŧが陰性であれば、äģŠå›žã¯åĻŠå¨ ã¯ã‚ã‚Šåž—ãĒいです。

6
陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ 陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ

そぎため、åĻŠå¨ æ¤œæŸģč–Ŧが陰性だãŖたぎãĢ åĻŠå¨ ã—ãĻいたときは「 フナイãƒŗグ検æŸģだãŖた」 ã¨ã„ã†ã‚ąãƒŧ゚が多くãŋられぞす。 æ—ĨæœŦではåĻŠå¨ åˆæœŸã‹ã‚‰ã‚¨ã‚ŗãƒŧ検æŸģをしぞすが、æĩˇå¤–ではこぎ検æŸģをうけãĒい選択をすることがå‡ēæĨたり、åĻŠåŠĻ検č¨ēぎ回数č‡ĒäŊ“が少ãĒいため、そぎぞぞå‡ēį”ŖäēˆåŽšæ—ĨをčŋŽãˆãĻしぞうäē‹äž‹ã‚‚å ąå‘Šã•ã‚ŒãĻいぞす。

6
陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ 陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ

į”Ÿį†ãŒã“ã‚“ãĒãĢ遅れるぎもį”Ÿãžã‚ŒãĻ初めãĻです。 だいたい、排åĩぎīŧ“é€ąé–“åžŒãã‚‰ã„ãŽæ™‚æœŸīŧˆäģĨ降īŧ‰ãŒã€æ¤œå‡ēãĢ充分ãĒ量ぎ分æŗŒãŒã‚るとされãĻいぞす。

2
陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ 陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ

äŊ“渊は晎通ぎäŊ“æ¸Šč¨ˆã§ãŽč¨ˆæ¸ŦですかīŧŸåŸēį¤ŽäŊ“渊ãĒぎでしょうかīŧŸ åŠĻäēēäŊ“æ¸Šč¨ˆã§ãŽåŸēį¤ŽäŊ“渊でīŧ“īŧ—åēĻäģŖでしたら、排åĩがįĩ‚わãŖãĻéĢ˜æ¸ŠæœŸãĢå…ĨãŖãĻいるか、åĻŠå¨ ã—ãĻã„ã‚‹ã‹ãŠãĄã‚‰ã‹ã§ã™ã€‚ ãĄãĒãŋãĢ旊期åĻŠå¨ æ¤œæŸģč–Ŧでį”Ÿį†äēˆåŽšæ—Ĩ前ãĢ検æŸģをしたら、おれくらいぎį˛žåēĻでåĻŠå¨ ãŒã‚ã‹ã‚‹ãŽã§ã—ょうかīŧŸãƒãƒƒãƒˆä¸ŠãĢこぎようãĒデãƒŧã‚ŋがありぞした。

陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ 陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ

栄養バナãƒŗã‚šãŽäšąã‚Œ åĻŠå¨ æ¤œæŸģč–Ŧが陰性で1ãƒļ月į”Ÿį†ãŒæĨãĒい場合、æŦĄãŽã‚ˆã†ãĒ「栄養バナãƒŗã‚šãŽäšąã‚Œã€ãŒåŽŸå› ãĢãĒãŖãĻいることも多いです。 9,206äģļぎビãƒĨãƒŧâ€ĸ しかし、エã‚ŗãƒŧ検æŸģを受けãĒい選択がčĒã‚ã‚‰ã‚ŒãĻいるå›Ŋや、åĻŠåŠĻåĨč¨ēぎ回数が少ãĒいå›Ŋでは、äēˆåŽšæ—Ĩぞでæƒŗ像åĻŠå¨ ãŒé€˛čĄŒã—たäē‹äž‹ã‚‚å ąå‘Šã•ã‚ŒãĻいぞす。

2
陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ 陰性 į”Ÿį†æĨãĒい 検æŸģč–Ŧ

åĻŠå¨ ã—ãĻいãĒくãĻį”Ÿį†ãŒæĨãĒいįŠļ態を攞įŊŽã—ãĻいるとį”Ÿį†ãŒæ­ĸぞãŖãĻしぞう可čƒŊ性がありぞすぎで、旊めãĢ受č¨ēしãĻåŧˇåˆļįš„ãĢį”Ÿį†ã‚’čĩˇã“すč–Ŧをå‡Ļ斚しãĻもらãŖãĻください。 では、åĻŠå¨ æ¤œæŸģč–Ŧが陰性で1ãƒļ月į”Ÿį†ãŒæĨãĒい場合、多くぎ斚ãĢ芲åŊ“する原因を挙げãĻいきぞしょう。

8