嚸せ ãĢ ãĒると おんおん åļう。 嚸せãĢãĒるとæąēめると、æŊœåœ¨æ„č­˜ãŒéĄ˜ã„ã‚’åļえる

åļう ãĒると 嚸せ ãĢ おんおん åļう ãĒると 嚸せ ãĢ おんおん

そんãĒつもりではãĒかãŖたかもしれãĒい。 č‡Ē分ぎäēēį”Ÿã‚’つぞらãĒくしãĻいるぎは、č‡Ē分č‡ĒčēĢということ。 æŗĸ動ãŖãĻね、周りãĢäŧæŸ“しぞす。

6
åļう ãĒると 嚸せ ãĢ おんおん åļう ãĒると 嚸せ ãĢ おんおん

「äģŠã€č‡Ē分ぎ前提を『嚸せ』ãĢ変えるとæąēめる」 ということです。 すずãĻč‡Ē分ãĢčŋ”ãŖãĻきぞす。

11
åļう ãĒると 嚸せ ãĢ おんおん åļう ãĒると 嚸せ ãĢ おんおん

嚸せãĒäēēは『嚸せ』をčĻ‹ã¤ã‘る夊才 こういãŖãŸéĄžãŽæœŦは、äŊ•ã‹é­”æŗ•ãŽã‚ˆã†ãĒことをしãĻã€Žåš¸ã›ã€ã‚„ã€ŽéĄ˜ã„ã‚’åļえる』ということを原įžã™ã‚‹ã‚ã‘ではありぞせん。

åļう ãĒると 嚸せ ãĢ おんおん åļう ãĒると 嚸せ ãĢ おんおん

įĸēかãĢ小さãĒ嚸せãĒらいãŖãąã„ã‚ã‚‹ã€ã¨æ°—ãĨけるäēēは、こういãŖたæœŦをčĒ­ã‚€ã“とで、æ—Ĩ々ぎį”Ÿæ´ģãŒã‚ˆã‚ŠčąŠã‹ãĒもぎãĢãĒるんですね。 それは äŊ•ãĢ嚸せをčĻ‹å‡ēし、いかãĢ嚸せを感じとるかというį‚šãĢå°Ŋきるでしょう。

13
åļう ãĒると 嚸せ ãĢ おんおん åļう ãĒると 嚸せ ãĢ おんおん

こぎæœŦ嘘ばãŖかじゃん。 į›¸æ‰‹ãĢしãĻもらおうと思ãŖãĻいるからです。

2
åļう ãĒると 嚸せ ãĢ おんおん åļう ãĒると 嚸せ ãĢ おんおん

上手くできãĒいというäēēも いるかもしれぞせん。 それらは全部あãĒたがæąēめãĻいるんですよ。