服用 薬剤 調整 支援 料 2。 【2020年改定】服薬情報等提供料

調整 2 支援 料 薬剤 服用 調整 2 支援 料 薬剤 服用

)が処方されていたものについて、患者又はその家族等の求めに応じ、当該患者が服用中の薬剤について、一元的に把握した結果、重複投薬等が確認された場合であって、処方医に対して、保険薬剤師が当該重複投薬等の解消に係る提案を文書を用いて行った場合に、3月に1回に限り所定点数を算定する。 )が処方されていたものについて、処方医に対して、保険薬剤師が文書を用いて提案し、当該患者に調剤する内服薬が2種類以上減少した場合に、月1回に限り所定点数を算定する。

13
調整 2 支援 料 薬剤 服用 調整 2 支援 料 薬剤 服用

ロ 重複投薬等のおそれがある場合には、重複投薬等の解消に係る提案を検討し、当該提案及び イ の内容を記載した報告書を作成し、処方医に対して送付すること。

4
調整 2 支援 料 薬剤 服用 調整 2 支援 料 薬剤 服用

1-1.算定要件について 頓服薬や外用薬を除く内服薬6種類以上を4週間以上服用している患者が対象です。 また、同一薬効分類を含む配合剤への変更は減薬数に含まないとされているため、オルメテックとアムロジピンを使用している患者さんが、アムバロ(バルサルタン+アムロジピン)やレザルタス(オルメサルタン+アゼルニジピン)1剤に変わっても減薬扱いにはならないということと解釈できます。 ハ 重複投薬等に関する状況• また、調剤している内服薬と同一薬効分類の有効成分を含む配合剤及び内服薬以外の薬剤への変更を保険薬剤師が提案したことで減少した場合は、減少した種類数に含めない。

8
調整 2 支援 料 薬剤 服用 調整 2 支援 料 薬剤 服用

しかし、算定要件がなかなか難しく算定できていない薬局が多かったのではないでしょうか? そんな中、202004改定で従来の服用薬剤調整支援料は「1」となり、新規で「2」が追加となりました。 厚生労働省の見解としては、この説明内容を理解した上で「かかりつけ薬剤師」を必要とする方に対して算定を行うという方針なのでしょう。 国は体物業務から対人業務へのシフトを薬剤師に求めています。

15
調整 2 支援 料 薬剤 服用 調整 2 支援 料 薬剤 服用

それから2つ目、薬剤師研修認定制度の研修を修了した薬剤師が、地域の多職種と連携する会議に年に1回以上出てね、というもの。

調整 2 支援 料 薬剤 服用 調整 2 支援 料 薬剤 服用

また、患者さん側に対しても当然注意が必要です。

9
調整 2 支援 料 薬剤 服用 調整 2 支援 料 薬剤 服用

服用薬剤調整支援料 1 2 点数 125 100 内服薬の種類 6種以上 6種以上 処方医への提案内容 服用薬剤の削減 重複薬の解消 算定要件 ・処方医に文書を用いて提案 ・2種類以上の処方薬の減薬が必要 ・処方医に文書を用いて提案 ・提案後の処方変更の有無は問わず 算定回数 月1 回 3ヶ月に1回 「1」と「2」の共通点は ・6種以上の内服薬を服用している患者が対象 ・医師への文書による提案 です。

16