æŠŧさ さる 標æē– čĒžã€‚ 北æĩˇé“ãŽæ–šč¨€æŠŧささるは標æē–čĒžã§ãŠã†čĄ¨įžã—ぞすか

さる čĒž æŠŧさ 標æē– さる čĒž æŠŧさ 標æē–

æąäēŦãĒらぞだ北æĩˇé“ぎã‚ĸãƒŗãƒ†ãƒŠã‚ˇãƒ§ãƒƒãƒ—ãŒã‚ã‚‹ãŽã§ãã“ã§æ‰‹ãĢå…Ĩれられぞすが、äģ–įœŒã ã¨ã‚ˆã‚Šå…Ĩ手が困é›Ŗです。 「äģŠæ—Ĩ、子おもãĢ『いい加減ごんãŧãģるぎæ­ĸめãĒさいīŧã€ã¨åąã‚‹ã¨ã€ä¸æ€č­°ãã†ãĒéĄ”ã‚’ã•ã‚ŒãĻ、『えīŧŸãĒãĢīŧŸã€ã¨čžã‹ã‚Œãžã—た。

3
さる čĒž æŠŧさ 標æē– さる čĒž æŠŧさ 標æē–

「ãĒぞら」はあぞりäŊŋわãĒい äģ–įœŒãŽäēēが北æĩˇé“ぎäģŖ襨įš„ãĒæ–šč¨€ã ã¨æ€ãŖãĻる「ãĒぞら」は道民はあぞりäŊŋわãĒかãŖたりしぞす。

さる čĒž æŠŧさ 標æē– さる čĒž æŠŧさ 標æē–

į§ãŽčēĢãŽå›žã‚Šã§ã‚‚čŠąã•ã‚Œã‚‹čĄ¨įžãĢついãĻį´šäģ‹ã•ã‚ŒãĻいぞす。

2
さる čĒž æŠŧさ 標æē– さる čĒž æŠŧさ 標æē–

いや、 äē¤éš›ãŽį”ŗしčžŧãŋではãĒい。 「äŋēぎせいじゃãĒい」という前提をį†č§ŖしãĻいると、「æŠŧささãŖãŸã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŒã•ã‚‚ 「åļį„ļそうãĒãŖãĻしぞãŖた」ようãĢčžã“ãˆãĻくるぎではãĒかろうか。 そぎため北æĩˇé“民はæ—Ĩ常įš„ãĢäŊŋãŖãĻいる。

14
さる čĒž æŠŧさ 標æē– さる čĒž æŠŧさ 標æē–

北æĩˇé“も青æŖŽįœŒå‡ēčēĢ者ãĒãŠæąåŒ—ã‹ã‚‰ãŽį§ģæ°‘ãŒå¤šãã€æ–šč¨€ãŽäŧæ’­ãĢã‚ˆã‚Šã“ãŽč¨€č‘‰ã‚’äŊŋį”¨ã—ãžã™ãŒã€å…ƒã¯åŒ—æąåŒ—ã§åēƒãäŊŋį”¨ã•ã‚ŒãĻã„ã‚‹æ–šč¨€ã§ã™ã€‚ ã€Œã‚ãŽéƒ¨åą‹ã€čĒ°ã‚‚いãĒいぎãĢ、゚トãƒŧブį„šã‹ã•ãŖãĻるよ。

さる čĒž æŠŧさ 標æē– さる čĒž æŠŧさ 標æē–

「æŠŧささる」は最もčĒŦ明しãĢくい北æĩˇé“åŧã ã¨æ€ãŖãĻいぞす。

13
さる čĒž æŠŧさ 標æē– さる čĒž æŠŧさ 標æē–

ãĄãĒãŋãĢã€å†…åœ°ã‚‚æ–šč¨€ãĒぎで意å‘ŗįš„ãĢは分かるäēēもいぞすが、通じãĒいこともありぞす。 名前 名į„Ąã—さんīŧ ãžã¨ã‚ãŸãƒ‹ãƒĨãƒŧã‚š 2017åš´11月04æ—Ĩ 09:11 ID:HkUg3B. ボã‚ŋãƒŗがæŠŧささãŖた。 ですから「æŠŧささる」は「æŠŧしãĻしぞãŖた」「æŠŧされる」とイã‚ŗãƒŧãƒĢではありぞせん。

4
さる čĒž æŠŧさ 標æē– さる čĒž æŠŧさ 標æē–

Q æ—ĨæœŦčĒž äŊ•ã¨ãĒく違和感がありčŗĒ問させãĻ下さい。 すずãĻãŽå‹•čŠžãĢ「īŧ‹ã•ã‚‹ã€ãŒäģ˜ãã¨ã„うわけでもありぞせん。 g0 äŊ•ã‹å¤‰ã‚ãŖãŸč¨€ã„æ–šã—ãŸã„ãŽãĒら īŊĸ地į„ãĢčĄŒã‘ãƒŧいīŧīŊŖとか īŊĸとうとうäŋēをæœŦ気ãĢさせãĻしぞãŖた様だãĒīŊŖとか īŊĸあきぞへãƒŧんīŊŖとか īŊĸã‚ļクではį„Ąã„ぎだよīŧã‚ļクとはīŧīŊŖį­‰ãŽæ—ĨæœŦčĒžãŒã‚る。

18
さる čĒž æŠŧさ 標æē– さる čĒž æŠŧさ 標æē–

名前 名į„Ąã—さんīŧ ãžã¨ã‚ãŸãƒ‹ãƒĨãƒŧã‚š 2017åš´11月04æ—Ĩ 10:42 ID:zHByb30. こぎäģ•äē‹4時ぞでãĢでかしといãĻīŧ うるかす æ°´ãĢæĩ¸ã‘ãĻ柔らかくするという意å‘ŗ。