いかなご 醤油。 香川県の食文化

醤油 いかなご 醤油 いかなご

日本では秋田の「しょっつる」、能登の「いしる」などが有名ですが、この2つと並んで日本三大魚醤油と数えられるのが「いかなご醤油」です。 しょっつるやいしると違って、いかなご醬油には「これには欠かせない」という郷土料理がなく、そもそも香川県は大豆醬油の産地でもあることから、いかなご醬油は衰退していったと考えられている。 口を大きく開いた木桶が並ぶせいか、町には醤油の香りが漂っていました。

4
醤油 いかなご 醤油 いかなご

関連商品 いかなご醤油に関するの商品を紹介してください。 なお、これ以降までいかなご醤油に関する記録はなく、になるとに香川県から水産共進会になどとともにいかなご醤油が出品された記録がある。 いかなご醤油は普通の醤油と比べ生魚独特の風味と高い塩分濃度が特徴で、ツルッとしてコシのある讃岐うどんにしらす、生卵、ネギと一緒にかけていただきました。

16
醤油 いかなご 醤油 いかなご

経済発展とともに習慣が解体され、日常的に醤油豆を食べる機会が少なくなっていった世代の若年層は醤油豆を食べる習慣が高齢層と比べて少ないことが原因と考えられています。 個性の強い香りを押さえたマイルドな製品も販売されています。

8
醤油 いかなご 醤油 いかなご

社会システムが確立してきた現代で、生活に欠かせないこれからの食の恒常性は経済性と文化性のバランスの中でどのように形成されるのか、さらに掘り下げていこうと考えています。

11
醤油 いかなご 醤油 いかなご

・煮豆との違い 醤油豆を見て黒豆・煮豆などの豆料理が連想されると思われますが、明確には 1 焙煎工程の有無と 2 原料の違いによって区別されます。 かつては入手困難で非常に高価な調味料でしたが、昨今は国内のスーパーやエスニックショップなどで気軽に手に入れることができるようになったので、ぜひお試しを。

2
醤油 いかなご 醤油 いかなご

醤油の入手が困難だったやその直後にはの一種として盛んに製造されたが、食料品が豊富になると頃には消滅した。

7