破傷風 症状。 破傷風とは

症状 破傷風 症状 破傷風

1 2以下 約5 DT(生研、北里第一三共、タケダ、ビケン) 0. 釘やガラス、ピアスなどによる傷、火傷や潰瘍、手術の傷を通して感染し、体の中で毒素を作ります。 この毒素は、脊髄内の細胞と結び付くと、感覚・運動・呼吸など身体のあらゆることに関するコントロールを行う中枢神経系のシナプスが、神経伝達物質を放出することを阻害します。

9
症状 破傷風 症状 破傷風

潜伏期 破傷風菌が体内に侵入すると、3~21日の潜伏期間を置きます。

9
症状 破傷風 症状 破傷風

諸症状は次第に軽快していきます。

15
症状 破傷風 症状 破傷風

破傷風の症状は4段階に分類される。

2
症状 破傷風 症状 破傷風

傷口を出来るだけ開いて洗浄し感染や壊死のおこっている組織を取り除きます。

16
症状 破傷風 症状 破傷風

(後弓反張)、(全身痙攣)、呼吸困難 2〜3週間 第四期(回復期) 各種の症状が緩和し全身性の痙攣はみられないが、筋の強直、腱反射亢進は残る。

20
症状 破傷風 症状 破傷風

泥まみれの場所や動物の糞で汚染されている場所でけがをしたときは、傷口をきれいにした後に病院へ行きましょう。

14