トシ ヨシハラ。 「中国が沖縄を潰し、尖閣諸島を奪る」米国「ヤバい論文」の中身(時任 兼作)

ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

2020年5月、上級研究員のトシ・ヨシハラ博士は、中国が日本の海軍力(海上自衛隊の意味であるが「海軍」と記述する)をどう評価しているか、中国側の立場に立って調査・研究した興味深いレポート「中国の日本の海軍力観」を発表した。

ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

電子洋書• スプラットレー諸島の中国軍の存在は軍事作戦上、米側に巨大なコストとなるからです。 レポートの構成は、「全般総括」、1章:「序論」、2章:「海軍力の不均衡」、3章:「海軍建造競争の源」、4章:「海軍バランスについての中国の評価」、5章:「同盟戦略への影響」、6章:「結論」となっており、内容は、現状の中国海軍の優位性、地理的、歴史的海軍建造の背景、海自と米軍との軍事同盟の能力分析など多岐にわたっており、米国本国の研究家をはじめ中国の学者等の証言など聴取してレポートを完成させている。 しかしながら、毛沢東が言うように、勝利を左右するのは、ハードウェアではなくヒトです。

ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

中国は南シナ海を自国の前庭とみて、そこでの利益を守るための防衛メカニズムを保つ必要を感じているのでしょう。

1
ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

小原凡司 「米国・同盟国間の役割分担と共同開発」 中国の存在感が大きくなっている。 「中国海軍が日本の海上自衛隊に対して戦闘能力で大幅に優位に立ち、尖閣諸島領有や東シナ海の安定、さらに日米同盟に危機をもたらす」というのだ。

2
ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

中国の軍事兵器、機材の多くは完成品を入手して分解や解析を行い、その動作原理、構成要素や製造方法を明らかにする「リバースエンジニアリング方式」であるので、一般的に機器の信頼性が低いこと、艦艇やその装備品が最新鋭であっても乗組員の技量や練度について未知数であること、また戦力構成上対潜水艦戦能力があまり高くないことなど、いくつかの不安要素がある。 ・中国政府の海軍に対する信頼も、以前には見られなかったほど高まっている。 海軍大学教授として10年以上にわたり戦略論を教えた。

ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

Winner, and Toshi Yoshihara, Indian Naval Strategy in the Twenty-first Century Routledge, 2009 Toshi Yoshihara and James R. しかしながら、毛沢東が言うように、勝利を左右するのは、ハードウェアではなくヒトです。

5
ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

タフツ大学フレッチャー法律外交大学院博士課程修了。

13
ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

我が国としては、中国海軍の戦闘能力の正確な分析評価を行い、十分対応できる防衛力整備を行うとともに、堅固な日米同盟および価値観や理念をともにする台湾、豪州やインド等との連携も図りながら、中国が無謀な暴挙に走り出さぬよう、しっかり抑え込むべきであろう。 目次 第一章 トシ・ヨシハラ論文の衝撃 第二章 トシ・ヨシハラ論文に対する分析・評価 第三章 中国の核戦力と核電磁波パルスの脅威 第四章 航空戦力の比較 第五章 宇宙戦戦力の比較 第六章 サイバー戦能力の比較 第七章 AIの軍事利用 第八章 日中戦力比較の総括と日本の安全保障への提言 元富士通システム統合研究所安全保障研究所長、元ハーバード大学アジアセンター・シニアフェロー、元陸上自衛隊東部方面総監。

ヨシハラ トシ ヨシハラ トシ

CSBAは、米国の安全保障に関して脅威となる問題や戦略や資源配分等について、情報を提供する研究を行っている。 日本や米国にとって極めて危険な動きであり、中国を抑止するため、日本独自や日米連携による防衛強化の具体策も提案した。 ヨシハラ博士との意見交換会 秋山中将像の前で記念撮影 トシ・ヨシハラ博士 米海軍大学教授。

6