įŒĢ しãŖãŊ ãļるãļる。 įŒĢぎ感情はしãŖãŊで分かるīŧå›ŗč§Ŗå…ĨりしãŖãŊでčĒ­ãŋč§ŖくįŒĢãŽæ°—æŒãĄ

ãļるãļる įŒĢ しãŖãŊ ãļるãļる įŒĢ しãŖãŊ

しãŖãŊをパã‚ŋパã‚ŋするぎは不æē€ã‚„ã‚¤ãƒŠã‚¤ãƒŠã‚’čĄ¨ã™åéĸ、ゆãŖくりとした動きであればãƒĒナック゚を意å‘ŗする場合もありぞす。 éŖŧいä¸ģãĢå‘ŧばれたįŒĢがå°ģå°žã‚’éĢ˜ãä¸Šã’ãĻ寄ãŖãĻいけば、服垓ぎ挨æ‹ļがčžŧめられãĻいるぎです。

12
ãļるãļる įŒĢ しãŖãŊ ãļるãļる įŒĢ しãŖãŊ

č„ŗが回ろうとしãĻいるところで頭を逆向きãĢ回čģĸさせると、動きįļšã‘ようとするč„ŗと、逆斚向ãĢå‘ã‹ãŠã†ã¨ã™ã‚‹é ­č“‹éĒ¨ã¨ãŽé–“ã§čĄįĒãŒčĩˇã“り、č„ŗを構成しãĻいるįĨžįĩŒį´°čƒžãĢミクロãĒå‚ˇãŒã§ããĻしぞいぞすīŧˆä¸‹å›ŗåŗ側īŧ‰ã€‚ įŒĢをéŖŧãŖたことがãĒく、これぞでãĢįŒĢとあぞりæŽĨしãĻこãĒかãŖたäēēであれば、そう思ãŖãĻã—ãžã†ãŽã‚‚é ˇã‘ãžã™ã€‚

2
ãļるãļる įŒĢ しãŖãŊ ãļるãļる įŒĢ しãŖãŊ

éƒ¨åą‹ãŽäē¤æ›ã‚’するâ€ĸ 子įŒĢãŽæ„č­˜ãŒãĒい場合ãĢは、毛布ãĒおでくるんですぐãĢ動į‰Šį—…é™ĸを受č¨ēしぞしょう。 įŸĨčĻšįĨžįĩŒéŽæ•į—‡â€ĸ 晎æŽĩしãŖãŊをプãƒĢプãƒĢさせãĻéŖŧいä¸ģãĢčŋ‘ãĨいãĻきたときãĒおは、抟åĢŒãŒč‰¯ããĻかぞãŖãĻãģã—ã„æ°—æŒãĄãŽčĄ¨ã‚ŒãŽå ´åˆã‚‚ã‚ã‚Šãžã™ã€‚ そぎ際ãĢは、įŒĢから嚸せであることをį¤ēすã‚Ēãƒŧナがå‡ēãĻいるぎではãĒいでしょうかīŧŸ å¤ĸをčĻ‹ãĻいる įŒĢもäēē間と同様ãĢå¤ĸをčĻ‹ã‚‹ã“とがあるようです。

15
ãļるãļる įŒĢ しãŖãŊ ãļるãļる įŒĢ しãŖãŊ

「゚トãƒŦ゚ぎ原因ãĢãĒるäēēがいãĒくãĒる」「č‡Ē分がそぎ場からįĢ‹ãĄåŽģる」ãĒお、゚トãƒŦ゚ぎ原因を除けば元ãĢæˆģりぞす。

10
ãļるãļる įŒĢ しãŖãŊ ãļるãļる įŒĢ しãŖãŊ

投į¨ŋæ—Ĩ時īŧš2009-12-28 05:48â€ĸ 中毒ãƒģã‚ĸãƒŦãƒĢã‚Žãƒŧ ã‚ĸナフã‚ŖãƒŠã‚­ã‚ˇãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒƒã‚¯ã‚„ãƒ†ã‚Ēブロミãƒŗ中毒、ぎときは過剰ãĒ興åĨŽã‚„į—™æ”Ŗがãŋられぞす。 äģĨ下ぎようãĒį—‡įŠļがあれば、įŒĢã¯åąé™ēãĒįŠļ態ãĢある可čƒŊ性がありぞす。 įŒĢぎå°ģ尞が震える å°ģ尞はįŒĢãŽæ„Ÿæƒ…čĄ¨įžãĢもį”¨ã„られる部分ãĒぎで、いろいろãĒ動きをしぞす。

20
ãļるãļる įŒĢ しãŖãŊ ãļるãļる įŒĢ しãŖãŊ

č‡Ēį”ąæ°—ぞぞãĢį”ŸããĻいãĻ、感情がčĒ­ãŋ取りãĢくいįŒĢã§ã™ãŒã€ã€Œčˆã‚ã‚‹ã€ã¨č¨€ã†čĄŒį‚ēでしãŖかりと大åĨŊきãĒéŖŧいä¸ģさんとã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗをとãŖãĻいるときもありぞす。 ã‚ˇãƒ§ãƒƒãƒ—åŠãŗæĨŊ夊グãƒĢãƒŧプは、そぎ内厚ぎåŊ“åĻãĢついãĻはäŋč¨ŧできかねぞす。

17