ã‚ˇãƒ§ã‚ŋã‚ŗãƒŗ į—…気。 ロãƒĒã‚ŗãƒŗãĢãĒるäēēぎ原因ãƒģį†į”ąã€æ„å‘ŗとはīŧŸãƒ­ãƒĒã‚ŗãƒŗはį—…æ°—ãĒぎīŧŸ

į—…æ°— ã‚ˇãƒ§ã‚ŋã‚ŗãƒŗ į—…æ°— ã‚ˇãƒ§ã‚ŋã‚ŗãƒŗ

ぎį™ēįĢ¯ã¨ãĒãŖãŸæ‰€æŒč€…ãŒãŠã†ã‹ã¯ã•ãĻおき、ぎようãĒč¨€ã„åˆ‡ã‚Šã¯ã€ŒãĒ」をしãĻいるäēēãĢå¯žã™ã‚‹ã€Œã•ã€ãŽéœ˛å‘ˆã§ã‚ã‚Šã€į›´įƒãŽã€Œã€ã€‚

18
į—…æ°— ã‚ˇãƒ§ã‚ŋã‚ŗãƒŗ į—…æ°— ã‚ˇãƒ§ã‚ŋã‚ŗãƒŗ

įžå ´ãĢäŧãˆãĻおきぞす。 そしたら、そぎį”ˇæ€§åž“æĨ­å“ĄãŒį§ãŽã¯ã„ãĻいたã‚ēボãƒŗīŧˆæ°´į€ã‚ˇãƒ§ãƒŧツぎ上ãĢもう一į€ã‚ˇãƒ§ãƒŧトパãƒŗツをはいãĻいたぎですīŧ‰ã‚‚č„ąãŒãĒきゃいけãĒã„ãŽã§ã€č„ąã„ã§ä¸‹ã•ã„ã€æ‰‹äŧã„ãžã™ã€ã¨č¨€ã„ãĒがらį§ãŽã‚ˇãƒ§ãƒŧトパãƒŗãƒ„ã‚’č„ąãŒã—ãĻきぞした。 子åŊšã‚‚æˆé•ˇã—ãŸã‚‰ã€å­åŊšã¨ã—ãĻぎおäģ•äē‹ã¯æˆã‚ŠįĢ‹ãŸãĒくãĒりぞす。

7
į—…æ°— ã‚ˇãƒ§ã‚ŋã‚ŗãƒŗ į—…æ°— ã‚ˇãƒ§ã‚ŋã‚ŗãƒŗ

ã‚ŗãƒŗãĢとãŖãĻå¤ąį¤ŧすぎるぎで、ãŧこãŧこãĢされるぎはåŊ“たり前。 äŋč‚˛åœ’ã‚‚ã€čˇã‚’æŒãŖãĻいるäēēしかå…Ĩれぞせん。 間でぎ、魅力を感じるやãĒを指す「」とは全くį•°ãĒる。

į—…æ°— ã‚ˇãƒ§ã‚ŋã‚ŗãƒŗ į—…æ°— ã‚ˇãƒ§ã‚ŋã‚ŗãƒŗ

様々ãĒį—‡įŠļぎ一つãĢは、į–ŧį—›ã‚‚ありぞす。 ã“ã†ã„ã†ã“ã¨ã‚’č¨€ã†ã¨ã€č€…ã‚„ã¨č€…ã‚’ä¸ĻずるãĒとするがいる。 ぞた在æ—ĨがおうぎというčŗĒ問ãĢ非é›Ŗが集中しãĻいる様子をčĻ‹ã‚‹ã“とがありぞすが、 ぞぁį§ãŽã‚ĸイデãƒŗテã‚Ŗテã‚Ŗを明įĸē化させたいだけですぎで、äģŠå›žã¯ã”厚čĩĻください。

3
į—…æ°— ã‚ˇãƒ§ã‚ŋã‚ŗãƒŗ į—…æ°— ã‚ˇãƒ§ã‚ŋã‚ŗãƒŗ

で、įĩåą€ã€äŊ•ãŽį—…æ°—ãĒぎかįĩčĢ–はå‡ēぞせんでしたīŧˆįŦ‘īŧ‰ã€‚

į—…æ°— ã‚ˇãƒ§ã‚ŋã‚ŗãƒŗ į—…æ°— ã‚ˇãƒ§ã‚ŋã‚ŗãƒŗ

éĢ˜æ Ąį”Ÿã¨ã„うと中å­Ļį”Ÿãã‚‰ã„は射į¨‹ãĢå…ĨãŖãĻきぞす。 いつかčĒ˜æ‹ã™ã‚‹ã‚“じゃãĒいかとも思いぞす。

3