ゴキブãƒĒ ã˛ãŖくりčŋ”る。 ゴキブãƒĒã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹äģ°å‘けį”ŸããĻるīŧŸãĒãœã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹īŧŸæˆģれãĒいīŧŸ

ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ

土ぎ中でåˇŖをäŊœãŖãĻ暎らすã‚ŋイプで、ゴキブãƒĒãĢ限らず昆č™Ģį•Œéšˆå…¨äŊ“でčĻ‹ãĻも、非常ãĢįã—い å­č‚˛ãĻをするゴキブãƒĒである。 ぞた、そぎäģ–ぎ原因としãĻは、 ã€Œč€čĄ°ã€ãƒ›ãƒŧムã‚ģãƒŗã‚ŋãƒŧでおぎくらい過ごしたかが分からãĒいぎで、å¯ŋå‘Ŋがčŋ‘かãŖた可čƒŊ性もありぞす。 éĸį™Ŋい雑å­Ļ、ためãĢãĒる雑å­Ļ、įŸĨらãĒきゃよかãŖた雑å­ĻãĒお、様々ãĒ豆įŸĨč­˜ã‚„ãƒˆãƒĒビã‚ĸをį´šäģ‹ã—ãĻいぞす。

10
ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ

【ためãĢãĒる雑å­Ļ】č„ŗを騙すことãĢよãŖãĻäŊœæĨ­įŽ‡ãŒå‘上するīŧŸãĢついãĻãŽč¨˜äē‹ã§ã™ã€‚ 腹į—›ã‚„嘔吐をå‚ŦすéŖŸä¸­æ¯’čŒãŽã‚ĩãƒĢãƒĸネナは、ゴキブãƒĒãĒãŠãŒæąšæŸ“æēãŽå ´åˆã‚‚。

7
ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ

重åŋƒã¯čƒ´äŊ“ãĢありぞす。

ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ

ぞず、å…ĨられたくãĒã„éƒ¨åą‹īŧˆåŽ¤å†…īŧ‰ãĢゴキブãƒĒãƒ›ã‚¤ãƒ›ã‚¤ã‚’č¨­įŊŽã—ぞしょう。

10
ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ

éĸį™Ŋい雑å­Ļ、ためãĢãĒる雑å­Ļ、įŸĨらãĒきゃよかãŖた雑å­ĻãĒお、様々ãĒ豆įŸĨč­˜ã‚„ãƒˆãƒĒビã‚ĸをį´šäģ‹ã—ãĻいぞす。 原は、 一čˆŦåŽļåē­ã§ã‚ˆãčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚¯ãƒ­ã‚´ã‚­ãƒ–ãƒĒãĒおぎ大型į¨Žã§ã¯ã€æŽēč™Ģ成分へぎæŠĩ抗性はãģとんおį™ē達しãĻいぞせん。 ですが、毒餌をäŊŋãŖãĻも外部からゴキブãƒĒがéĻ™ã‚ŠãĢつられãĻå…Ĩりčžŧんでくることはあり垗ぞせん。

11
ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ

ゴキブãƒĒはäēēがį›ŽãĢåąŠã‹ãĒい場所をåĨŊãŋぞすぎで、キッチãƒŗぞわりãĒおは常ãĢ゚ッキãƒĒとさせãĻ、ゴキブãƒĒがäŊãŋãĢくいį’°åĸƒãĨくりをåŋƒæŽ›ã‘ãĻください」 【æ•ĩをįŸĨる3ã€‘ãƒ¤ãƒ„ãŽåąé™ē性ãŖãĻīŧŸ 「ゴキブãƒĒは"į—…åŽŸčŒãŽé‹ãŗåą‹"とå‘ŧã°ã‚Œã€čŒãĢæąšæŸ“ã•ã‚ŒãŸã‚´ã‚­ãƒ–ãƒĒãŒåž˜åžŠã™ã‚‹ã“ã¨ã§čŒã‚’æ’’ãæ•Ŗらし、éŖŸä¸­æ¯’ぎ原因ãĢãĒる場合がありぞす。 åĩをæŽĸす ゴキブãƒĒをčŋŊãŖかけãĻいた時ãĢå°ģ尞ぎあたりãĢåĩをãļら下げãĻいたãĢもé–ĸわらず、æ­ģäŊ“å‡Ļį†æ™‚ãĢåĩがãĒくãĒãŖãĻいるようãĒ場合はčĻæŗ¨æ„ã§ã™ã€‚

11
ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ

ドナイヤãƒŧ ゴキブãƒĒぎæ­ģäŊ“ã‚’å‡Ļį†ã—た垌、åŋ…ずやるずきことが3つありぞす。 æŽēč™Ģ剤をロãƒŧテãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗでäŊŋį”¨ã™ã‚‹ 䞋えば、5į¨ŽéĄžãŽæŽēč™Ģ成分をäŊŋį”¨ã—たæŽēč™Ģ剤がそれぞれあるとしãĻ、1į¨ŽéĄžãĢつき3嚴でæŠĩ抗性がį™ē達するとしたら、すずãĻぎæŽēč™Ģ剤へぎæŠĩ抗性がį™ē達するぎãĢ15嚴かかりぞす。 ãĒかãĢは、劚かãĒいãĒらæŽēč™Ģ成分をæŋƒãã™ã‚Œã°ã„いぎではīŧŸ と思うäēēもいるかもしれぞせん。

14
ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ

į†ąæš¯ã ã‘でãĒく、č‡Ē厅内ãĢæ¯’é¤Œã‚’æ•°ã‹æ‰€ã€č¨­įŊŽã—ãĻおけば、栚æœŦįš„ãĢゴキブãƒĒ寞į­–ãĢもつãĒがりぞす。 そぎ垌、įŠļæŗãĢ合わせãĻ数į¨ŽéĄžãŽãƒ—ロį”¨æŽēč™Ģ剤をäŊŋį”¨ã™ã‚‹ãŽã§ã€å¸‚č˛Šå“ã§å¯žæŠ—ã™ã‚‹ã‚ˆã‚Šã‚‚ã€é€Ÿãã€ããŖãĄã‚Šã¨é§†é™¤ã§ãã‚‹å¯čƒŊ性がありぞす。

18
ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ ã˛ãŖくりčŋ”ã‚‹ ゴキブãƒĒ

įšæŽ–ã‚’éŖŸã„æ­ĸめるãĢは、成č™ĢãŽãƒĄã‚šã‚’é§†é™¤ã™ã‚‹åŋ…čĻãŒã‚りぞすが、それも一į­‹į¸„ではいきぞせん。 しかしãĒがら、一čˆŦåŽļåē­ã§ã‚ˆãčĻ‹ã‚‹ã‚¯ãƒ­ã‚´ã‚­ãƒ–ãƒĒãĒおぎ大型į¨Žã§ã¯ã€æŠĩ抗性はãģとんおį™ē達しãĻいぞせん。