エバンゲリオン 解説。 エヴァンゲリオンを考察!使徒の目的や物語の裏設定を解明

解説 エバンゲリオン 解説 エバンゲリオン

シンジは、父である碇ゲンドウに再会し、そこで「渚カヲル」と出会います。

解説 エバンゲリオン 解説 エバンゲリオン

思わせぶりな発言を多く残し、裏コード「ザ・ビースト」についても知っていたことから、ミサトたちも知らないネルフやゲンドウの秘密にも精通しているのかもしれません。

17
解説 エバンゲリオン 解説 エバンゲリオン

そして、覚醒した初号機によって「サードインパクト」が発動されてしまいます。

13
解説 エバンゲリオン 解説 エバンゲリオン

また、 最後の使徒:カオルは、「アダムの魂」が入っているとされています。 もっとも、本作に関して言えばその判断はバッチリ当たったというべきで、個人的にはエヴァの全映像作品の中でも、最も出来のいい部類に入る作品であると考えています。 サードインパクトで人類を完全な生命体として生まれ変わらせ、自身は神になることでユイの魂と共に未来永劫一緒に生きていこうと考えました。

19
解説 エバンゲリオン 解説 エバンゲリオン

美しい音楽と映像による優れた感情表現となっており、シンジがなぜカヲルに信頼を寄せるのか、旧作以上に説得力ある表現がなされています。

16
解説 エバンゲリオン 解説 エバンゲリオン

翻訳すると「福音」という意味だ。

10
解説 エバンゲリオン 解説 エバンゲリオン

【新劇場版:破の終盤】 1:シンジがレイを助けようとしてサードインパクト発生 2:カヲルのmark. ガフの部屋(扉) 【新劇場版にのみ出てくる用語(以下、解説順)】• 深く知ろうとすればするほど、深みにハマり結局謎は謎なまま・・・それがエヴァンゲリオンという作品の性質ではないかな??と思っています。 というわけで、今回の記事では、エヴァンゲリオンのTV版・旧劇場版・新劇場版にて出てくる専門用語の一覧と、その意味解説をしていこうと思います。 Gehirn(ゲヒルン)• セントラルドグマ NERV本部の地下深くにある格納庫。

18