チェルシー 監督。 「素晴らしい指揮官」「素晴らしいとは言えない」チェルシー・トゥヘル監督就任の裏で大物が〝対立〟

監督 チェルシー 監督 チェルシー

その中でも最も恩恵を受けたのが前線のであり、最終的にセリエAのシーズン歴代最多記録である36ゴールを叩き出した。 1946-47• 1970年代中盤になると再び成績が低迷し、2部に降格。

監督 チェルシー 監督 チェルシー

2002• でもユナイテッドに準々決勝で敗れベスト8で敗退。

監督 チェルシー 監督 チェルシー

2年ぶりに参戦となったCLはグループリーグで、、と同組になり、大混戦の末最終節でリールに勝利して2位に浮上し逆転で決勝トーナメント進出を決めた。 シーズン後半戦になると下位への取りこぼしも目立つなど次第にチーム状態が不安定になっていったものの、結局26勝5分7敗の勝ち点83を獲得しリーグ9連覇を達成、自身初のリーグタイトルを獲得した。 試合中に指揮をとる際は常にジャージを着用しており、背広を着ない理由に関してはピッチ上で着飾ることに違和感を感じるからと答えている。

監督 チェルシー 監督 チェルシー

決勝はマンチェスター・シティ相手に120分スコアレスと奮闘したがPK戦で敗れた。

1
監督 チェルシー 監督 チェルシー

、、などと並ぶダービーマッチの一つである。 82ポイントを稼ぎ出し20チーム制となってからのリーグ戦クラブ記録である勝ち点となったにも拘らずの後塵を拝することになった。 Albo Panchina d'Oro Coach of the Year 2010-11• シーズン開幕後にはからも獲得し、獲得に費やした移籍金は300億円を超えたとも言われる。

17
監督 チェルシー 監督 チェルシー

1920-1926• 1996-97シーズンに、外国人選手の活躍もあり2度目のFAカップ優勝を達成。 「私がレアル・マドリーを率いるために、この世に生を受けたかは分からない。 惜しくもアストン・ヴィラに敗れ、プレミアリーグ昇格は逃したものの、指揮官としての能力を見せた。

監督 チェルシー 監督 チェルシー

プレミアリーグでは、に次ぐ第3位である。 1985-1986• :1回 2016-17• クラブの雰囲気も史上最高だったんじゃないかな。

3
監督 チェルシー 監督 チェルシー

2004-2005• 準決勝では優勝したに敗れたものの、初めて欧州カップ戦で好成績を残した。

14