京成 運用。 京成本線

運用 京成 運用 京成

快速:桃色• 補助電源装置としてGTO素子を使用したDC-DCコンバータ(DDC) (東芝製・COV019-C0形・容量150kW)を、空気源装置にはレシプロ式交流電源駆動の CP C-2000LMをそれぞれ搭載している。 [京成本線経由]表示。

2
運用 京成 運用 京成

なお、北総にリースした赤電は、2015年3月の全廃時まで都営地下鉄浅草線や京急線に定期運用で乗り入れた。 形式呼称は小田急、京急などと同様に「…系(けい)」ではなく「…形(がた)」を使用する(初代3000形からまでの1号線直通規格普通鋼製通勤車、いわゆる「」を総称して3000系と呼ぶことがあるが、あくまでも通称である)。 その他の6・7次車との相違点は室内の個別シートを廃し、ラベンダー色模様入りロングシートを採用した。

運用 京成 運用 京成

3688編成が最後に8両編成で走ったのは7月2日のA07運行であった。 基礎ブレーキは片押し式のである。 上位速達列車の追い抜きも京成上野駅 - 京成津田沼駅間ではほとんど見られなくなった。

6
運用 京成 運用 京成

(昭和43年)5月1日 勝田台駅開業。 S :現在のXやYと同じように、番号の不足を補うために使用されていた。 北総7808と並ぶ。

13
運用 京成 運用 京成

台車、ブレーキ、パンタグラフ、補助電源装置、空気圧縮機、冷房装置の変更。 また、(昭和2年)には(京成花輪 - 谷津遊園地間)を開業したが、後にからの道路が開通したために1931年に休止、(昭和9年)に廃止されている。

15
運用 京成 運用 京成

1990年4月末時点で全車の更新は完了し、以後6両編成2本、4両編成1本体制で使用するのが基本だったが多かった。 空港第2ビル - 成田空港間:並行するJRと同額の147円(切符は150円)。

15
運用 京成 運用 京成

また普通列車運用を中心にサービスの向上を図りつつ、たまに平日日中の快速に使用される6連が2本(3828F、3838F)あり、京成の顔として定着しています。 B 下り列車(竹ノ塚・北越谷・北春日部・東武動物公園・南栗橋行き)• モーニング・イブニングライナー:藤色• 7:坂本比叡山口 - 近江神宮前の区間列車• (大正10年) - 船橋 - 千葉間開業。 93kW)の装置である。

運用 京成 運用 京成

3次車と同一。

19
運用 京成 運用 京成

[特急|成田空港]@大佐倉。

5