レブル 250 タンデム。 HONDA レブル250/500 :誰もが気軽に楽しめるちょうどいいサイズ感

タンデム レブル 250 タンデム レブル 250

むしろ運転手を抱きやすいので安心感もあると思います。 極端に言うとスーパースポーツとかはもはやタンデムする気すらありません笑。 まとめ 一見タンデムし易そうでタンデム用途で購入したくなるレベルですが、実際にタンデムしてみると良くない点が沢山あります。

10
タンデム レブル 250 タンデム レブル 250

シートの形状が湾曲している レブルタンデムシートに荷物を括り付けようとした人ならわかると思いますが、レブルのシートは、若干湾曲しています。 ナンバー灯付属。 バイクでデートしてみてぇ…そんな方にもおすすめです。

13
タンデム レブル 250 タンデム レブル 250

背もたれがなくても後ろに引っ張られる感じも無く、安定した姿勢で乗れています。 ちょっとそこまでの送迎なら問題ないと思いますが、タンデムシートに人を乗せてツーリング先に行くなどとなるとお尻の問題は、避けて通れません。

タンデム レブル 250 タンデム レブル 250

その下には夜間走行時に威力を発揮するLEDフォグランプが組み合わされ、万一の転倒に備えた大柄なエンジンガードと走行中の飛び石などからエンジンを守るスラッシュガードも装備。 2017年に登場し、2020年モデルでマイナーチェンジを受け、さらに人気が高まりそうな予感がする。 純正ウインカー併用可能 カスタムウインカー装着の際はウインカー用ベースマウントが必要。

タンデム レブル 250 タンデム レブル 250

高速も楽だし、300よりもずっしりした感じがより安心感に繋がります。

15
タンデム レブル 250 タンデム レブル 250

クラッチやシフト操作が軽いというのも見逃せないポイントだ。 急ブレーキで密着はいいかもしれませんが、バイク知識がない人なら「恐怖」に感じるでしょう。

11
タンデム レブル 250 タンデム レブル 250

取り付けステーがアンダーブラケットから伸びるという凝った造形を採用しているのだ。 とにかく、2人乗りで影響を受けるのが「操作性の変化」なので、慣れないうちは交通量の多い道路はできるだけ避けた方がいいでしょう。

12