ãŠč…š は įŠēく ぎ ãĢ éŖŸãšã‚‹ と æ°—æŒãĄ æ‚Ēい。 åĻŠå¨ čļ…初期į—‡įŠļぎ兆候äģŠã™ããƒã‚§ãƒƒã‚¯īŧã‚‚しかしたらデキたかもīŧ

æ‚Ēい æ°—æŒãĄ ãŠč…š と は įŠēく ãĢ éŖŸãšã‚‹ ぎ æ‚Ēい æ°—æŒãĄ ãŠč…š と は įŠēく ãĢ éŖŸãšã‚‹ ぎ

ぞた「äģŠæ—ĨはčĒŋ子がいいから」と䚅しãļりãĢéŖŸäē‹ã‚’åŖãĢする場合ãĢã¯ã€č„‚ãŖã“ã„ã‚‚ãŽã‚„čž›å‘ŗや酸å‘ŗぎåŧˇã„ã‚‚ãŽã¯ã€čƒƒãĢč˛ æ‹…ã‚’ã‹ã‘ãĻしぞいぞすぎで再ãŗ吐き気や嘔吐しãĻしぞうことがあるぎでやめãĻください。 血įŗ–が下がãŖた時、ぞず最初ãĢäŊ“ãĢčĩˇãã‚‹å…†å€™ã¯ã€ŒįŠēč…šæ„Ÿã€ã§ã™ã€‚ į‚­æ°´åŒ–į‰Šã¯ã€įŗ–čŗĒとéŖŸį‰ŠįšŠįļ­ãŒåˆã‚ã•ãŖたもぎです。

æ‚Ēい æ°—æŒãĄ ãŠč…š と は įŠēく ãĢ éŖŸãšã‚‹ ぎ æ‚Ēい æ°—æŒãĄ ãŠč…š と は įŠēく ãĢ éŖŸãšã‚‹ ぎ

ã‚ĩãƒŗãƒ‰ã‚¤ãƒƒãƒãŽå…ˇã¯ã€ãƒãƒ ã‚„ãƒãƒŧã‚ēã€é‡Žčœã‚ĩãƒŗドがおすすめです。

3
æ‚Ēい æ°—æŒãĄ ãŠč…š と は įŠēく ãĢ éŖŸãšã‚‹ ぎ æ‚Ēい æ°—æŒãĄ ãŠč…š と は įŠēく ãĢ éŖŸãšã‚‹ ぎ

į–˛ã‚ŒãŸã‚‰äŧ‘ã‚€ ゚トãƒŦ゚ぎ原因は、様々ですがそれ を攞įŊŽã—ãĻいるとį–˛ã‚Œã‚‚取れãĒくãĒ り、゚トãƒŦã‚šãĢãĒりぞす。 æ€Ĩæ€§č…¸į‚ŽãŽįĩŒé¨“č€…ã§ã™ã€‚ 毎æ—Ĩ運動しãĒくãĻも大丈å¤Ģです。

1
æ‚Ēい æ°—æŒãĄ ãŠč…š と は įŠēく ãĢ éŖŸãšã‚‹ ぎ æ‚Ēい æ°—æŒãĄ ãŠč…š と は įŠēく ãĢ éŖŸãšã‚‹ ぎ

ぞた、æ˜ŧéŖŸå‰ãĢãŠč…šãŒæ¸›ãŖãĻしぞうäēēはåĩやベãƒŧã‚ŗãƒŗãĒãŠãŽãŸã‚“ãąãčŗĒをとるとæ˜ŧéŖŸå‰ãŽįŠēč…šæ„ŸãŒčģŊ減されるらしいですīŧãĒぎでごéŖ¯ã¯ã—ãŖかりとéŖŸãšãžã—ょうねīŧ あと、 įŗ–åˆ†ãŽæ‘‚ã‚Šã™ãŽã‚‚č‰¯ããĒいですīŧ そぎį†į”ąã¯į”˜ã„もぎを摂るとéŖŸæŦ˛ã‚’抑えるホãƒĢãƒĸãƒŗである ãƒŦプチãƒŗぎ分æŗŒãŒé…れる。 『常ãĢæ°—æŒãĄæ‚Ēいâ€Ļâ€Ļ。

16
æ‚Ēい æ°—æŒãĄ ãŠč…š と は įŠēく ãĢ éŖŸãšã‚‹ ぎ æ‚Ēい æ°—æŒãĄ ãŠč…š と は įŠēく ãĢ éŖŸãšã‚‹ ぎ

ドグマチãƒŧãƒĢはä¸ģæ˛ģåŒģからもčĒŦ明がありぞしたが、éŖŸæŦ˛åĸ—é€˛ã¨æŠ—éŦąäŊœį”¨ãŽä¸Ąæ–šãŒã‚るそうです。

æ‚Ēい æ°—æŒãĄ ãŠč…š と は įŠēく ãĢ éŖŸãšã‚‹ ぎ æ‚Ēい æ°—æŒãĄ ãŠč…š と は įŠēく ãĢ éŖŸãšã‚‹ ぎ

クナãŖとįĢ‹ãĄãã‚‰ãŋしãĻč˛§čĄ€æ°—å‘ŗぎようãĢ感じ、頭がクナクナするぎもåĻŠå¨ čļ…初期į—‡įŠļãŽå…†å€™ãŽã˛ã¨ã¤ã§ã™ã€‚ 晎通ぎäšŗ酸菌ã‚ĩプãƒĒだと、äšŗé…¸čŒãŒč…¸å†…ã§äšŗ酸菌į”Ÿį”Ŗį‰ŠčŗĒをäŊœã‚Šå‡ēしãĻãŠč…šãŽčĒŋ子を整えるぎですが、äšŗ酸菌革å‘ŊãĒらäšŗé…¸čŒã‚’čŖœįĩĻしãĒがらäšŗ酸菌į”Ÿį”Ŗį‰ŠčŗĒをį›´æŽĨč…¸ãžã§åąŠã‘ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ãã‚‹ãŽã§ã€åŽŸæ„ŸåŠ›ãŒé•ã„ãžã™ã€‚ しかしãĒかãĢは、いろいろãĒ検æŸģをしãĻもį•°å¸¸ãŒãĒいぎãĢį—‡įŠļがčĩˇã“る場合があるようです。

18