爆 豪 勝己 小説。 爆豪勝己に成ってたんだが以下略

豪 小説 爆 勝己 豪 小説 爆 勝己

実際、他のクラスメートより戦闘面では頭一個抜けており、たびたび共闘もしている。 :障害物競争3位、騎馬戦2位チーム、決勝トーナメント1位:中間試験:3位といずれも高い成績を残しているが、完璧主義である本人は自身が認めた1位以外は意味のないゴミだと認識している。

3
豪 小説 爆 勝己 豪 小説 爆 勝己

それでもなお、出久にとって勝己は目標であり、勝己にとっての出久は見下すべき存在であることには変わりない。 それ程までに彼は抑えようのない怒りを覚えていた。

豪 小説 爆 勝己 豪 小説 爆 勝己

自分より大柄な相手も関係無しに投げ飛ばせる。 その姿を見て更に勝己は出久を拒絶する。

6
豪 小説 爆 勝己 豪 小説 爆 勝己

彼の戦闘スタイルも、「相手の個性を見極め弱点を突く」という頭脳派スタイルである事もそれを如実に表していると言える。 薄いに赤目のが特徴的な。

豪 小説 爆 勝己 豪 小説 爆 勝己

爆発力は出した物質の量に比例しているため、暑く汗腺が開きやすい夏に強いが、冬はスロースタートになる。 爆発の威力には限界があり、最大火力の爆破を起こすと掌が痛むなど自身もダメージを受ける。 その後合流した緑谷、轟と共にオールマイトのサポートに動く。

11
豪 小説 爆 勝己 豪 小説 爆 勝己

幼い頃の勝己は周りを、特に出久を見下して優越感に浸り、『出久』の漢字を上記の『デク』(木偶の坊の略語)と読んだり、勝己に絡まれた少年を庇う出久に対して制裁を加えたりと、度々出久にマウントを取っていた「嫌な奴」だった。 爆豪に作戦を立ててもらう。

1