ã‚Ēナニãƒŧ ãƒ‡ãƒĄãƒĒット。 ã‚ĒナニãƒŧãŽãƒĄãƒĒットãƒģãƒ‡ãƒĄãƒĒットを垚åē•įš„ãĢぞとめた【į”ˇæ€§ãƒģåĨŗ性įˇ¨ã€‘

ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ

ã‚Ēナニãƒŧã—ã™ãŽãŽãƒ‡ãƒĄãƒĒットīŧ‘īŧšč†Ŗ内射į˛žéšœåŽŗãĢãĒる可čƒŊ性も č†Ŗ内射į˛žéšœåŽŗとは、ã‚ģック゚時ãĢč†Ŗ内で射į˛žã§ããĒくãĒる障åŽŗです。 グッã‚ēをäŊŋう場合は洗æĩ„やロãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗæŗ¨å…ĨãĒお、äŊ•ã‹ã¨æ‰‹é–“がかかりぞす。 逆ãĢごį´šäģ‹ã—たようãĒãƒ‡ãƒĄãƒĒットãĢåŋƒåŊ“たりがあるぎであれば、ã‚Ēナニãƒŧぎ回数や斚æŗ•ã‚’čĻ‹į›´ã™åŋ…čĻãŒã‚るでしょう。

5
ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ

å°ąæ´ģもįĩ‚わãŖãĻ大å­ĻãĢčĄŒããŽã‚‚é€ąãĢ1回ãģお。 ã‚‚ã—ã‹ã—ãŸã‚‰é•ˇæ™‚é–“ãŽã‚ĒナニãƒŧぎせいãĒんじゃãĒã„ã‹ã¨ã‹č€ƒãˆã‚‹ã¨â€ĻでもそんãĒことがあãŖたぎãĢæŦĄãŽæ—ĨãĢはぞた5時間ã‚Ēナニãƒŧ。

10
ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ

DさんもæœĒだ世間ぎį›Žã‚’æ°—ãĢしãĻ、性ãĢ寞しãĻã‚ĒãƒŧプãƒŗãĢãĒれずã‚Ēナニãƒŧ䞝存į—‡ãŽæ‚Šãŋを一äēēã§æŠąãˆãĻã„ã‚‹ãƒ¯ã‚ąã§ã™ã­ã€‚ åēŠã‚ĒナニãƒŧãĢ限らずペニ゚へぎåŧˇã„åˆēæŋ€ã¯å‡ēæĨる限りéŋけるäē‹ã‚’おすすめしぞす。

12
ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ

最垌ぞで射į˛žã—ãĒã„ãŽã¯åąãĒい 寸æ­ĸめã‚Ēナニãƒŧで射į˛žã‚’遅らせるäē‹č‡ĒäŊ“ãĢã¯ãƒ‡ãƒĄãƒĒットはãģとんおありぞせん。

12
ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ

äēēãĢよãŖãĻはã‚ĒナニãƒŧãĢ寞しãĻ中毒įŠļ態ãĢãĒãŖãĻしぞうことも。 回数が多すぎãĻも少ãĒすぎãĻも ãƒ‡ãƒĄãƒĒットはありぞす。

5
ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ

äŧ‘ãŋぎæ—ĨãĒんかはåŽļから一歊もå‡ēずãĢã‚Ēナニãƒŧ三昧。 æœŦæ—Ĩでį„Ąæ–™į™ģéŒ˛ã¨ãƒã‚¤ãƒŗトåĸ—量がįĩ‚äē†ã—ãĻしぞいぞす。 ã“ãĄã‚‰ãŽåŽŸé¨“ã§ã‚‚ã€ã€Œé€ąãĢ1ãƒģ2回」としãŖã‹ã‚Šč¨˜čŧ‰ã•ã‚ŒãĻいぞす。

ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ

ã“ãŽč¨˜äē‹ãĢよãŖãĻ、チクニãƒŧãĢ寞するį–‘問がč§Ŗけた、不厉がč§Ŗæļˆã•ã‚ŒãŸã€ã¨æ€ãŖãĻ下さãŖãŸæ–šã¯ã€ãœã˛ä¸‹č¨˜ãŽãƒã‚¯ãƒ‹ãƒŧ記äē‹ã‚‚ご参į…§ä¸‹ã•ã„ぞせīŊžã€‚

11
ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ ãƒ‡ãƒĄãƒĒット ã‚Ēナニãƒŧ

įĢ¯įš„ãĢ言ãŖãĻしぞえば、 åĨŗ性ぎč†Ŗよりもã‚Ēナニãƒŧぎãģã†ãŒæ°—æŒãĄãŒã„ã„ãŸã‚ã€ã‚ģック゚ãĢį‰ŠčļŗりãĒさを感じãĻしぞãŖãĻいるぎです。 2つį›Žã¯ã€ã‚Ēナニãƒŧįŋ’æ…ŖãĢよるčĻå› ã§ã™ã€‚ 毛įŠ´ãŒé–‹ãã€čĄ€čĄŒã‚‚č‰¯ããĒるおéĸ¨å‘‚ä¸Šã‚ŠãŽč‚Œã¯ã€åŒ–į˛§æ°´ãŒæĩ¸é€ã—やすいからです。

6