お äŊ“ 大äē‹ ãĢ ãĒさãŖ ãĻ ください。 「お大äē‹ãĢãĒさãŖãĻください」ぎ意å‘ŗはīŧŸãƒĄãƒŧãƒĢでäŊŋãˆã‚‹čĄ¨įžã‚‚

ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹ ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹

æ—Šã„åžŠå¸°ã‚’ãŠåž…ãĄã—ãĻおりぞす」 ãƒģ「おäģ•äē‹ã¯æ°—ãĢ掛かることとは存じぞすが、十分ãĢご静養ãĒさãŖãĻください」 ãƒģ「一æ—Ĩも旊くお元気ãĢãĒã‚‰ã‚Œã€ãŠéĄ”ã‚’æ‹čĻ‹ã§ããžã™ã‚ˆã†ã€ãŠįĨˆã‚Šį”ŗし上げぞす」 ãƒģ「くれぐれも十分ãĒご加į™‚、ご静養で一æ—Ĩも旊いご回垊をåŋƒã‹ã‚‰ãŠįĨˆã‚Šã—ãĻおりぞす」 į™‚養中ぎäēēãĢ寞しãĻ垊帰ができる、できãĒã„ã‚’ã“ãĄã‚‰å´ãŒč€ƒãˆã™ãŽãšã€ãŠã‚“ãĒįŠļæŗã§ã‚ãŖãĻも「垅ãŖãĻいる」とäŧãˆã‚‹ã“とが、おčĻ‹čˆžã„ãŽæ°—æŒãĄã¨ã—ãĻį›¸æ‰‹ãĢã‚‚åąŠãã‚„ã™ã„ã§ã™ã€‚

17
ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹ ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹

「äŧ‘ãŋã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŒå°‘ã—åĢŒå‘ŗãĢ感じãĻã—ãžã†ã“ã¨ã‚‚ã‚ã‚‹ãŽã§ã€é•ã†čĄ¨įžã‚‚čĻšãˆãĻおくとäžŋ刊です。 最寄りぎäŋåĨ所ãĢé›ģčŠąã§į›¸čĢ‡ã—ãĻãŋãĻはいかがでしょうかīŧŸâ€ĸ 40åēĻčŋ‘いį†ąãŒä¸‹ãŒã‚‰ãĒいãĒら、新型ã‚ŗロナぎ可čƒŊ性もį–‘われぞすね。

16
ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹ ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹

「あãĒたと小さãĒ新しいå‘ŊãĢ嚸運を。 重たくãĒりすぎず、äŊ“ã‚’æ°—éŖã†č¨€č‘‰ã‚’ã‹ã‘ã‚‹ã‚ˆã†åŋƒãŒã‘ぞしょうね。

16
ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹ ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹

æ•ŦčĒžã‚’äŊŋうį›¸æ‰‹ãĢ寞しãĻã¯ã€čŠąã—č¨€č‘‰ãŽä¸­ã§äŊŋうこともありぞす。 時į¯€æŸ„、おäŊ“をごč‡Ē愛ください。 「ゆãŖくりäŧ‘んでください」ではæ•ŦčĒžčĄ¨įžãĢæŦ ã‘ると不厉ãĒ場合は「ゆãŖくりおäŧ‘ãŋãĢãĒãŖãĻください」とäŊŋうとį„Ąé›Ŗです。

15
ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹ ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹

com いかがでしたでしょうか。

7
ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹ ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹

äŊ“čĒŋãĒおを気éŖうときãĢは「ゆãŖくりäŧ‘んでください」よりも、「お大äē‹ãĢãĒさãŖãĻください」とäŊŋうãģうがいいでしょう。

ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹ ãĒさãŖ ãĻ äŊ“ ください ãĢ お 大äē‹

くれぐれもお大äē‹ãĢãĒさãŖãĻください。 上司やį›Žä¸ŠãŽäēē、取åŧ•å…ˆį›¸æ‰‹ã€į›¸æ‰‹ãŽã”åŽļ族ãĒおãĢは、「お大äē‹ãĢãĒさãŖãĻください」をäŊŋį”¨ã™ã‚‹æ–šãŒį„Ąé›Ŗです。 3īŧšã€Œã‚りがとうございぞす。