きめ つぎ や い ば は し ãŗら äŧŠäš‹åŠŠã€‚ きめつぎ刃ぎ折りį´™ã€Žå˜´åšŗ(はしãŗら)äŧŠäš‹åŠŠã€ãŽäŊœã‚Šæ–šâ˜…éŦŧæģ…ぎäēē気キãƒŖナクã‚ŋãƒŧを折りį´™ã§į°Ąå˜ãĢâ™Ē│子䞛とæĨŊしむ折りį´™ãƒģåˇĨäŊœ

äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ

äēē間だãŖたころはåŽļ族思いぎåŋƒå„Ēしい性æ ŧ。 お間違いぎį„Ąã„ようãĢごį™ģéŒ˛ãã ã•ã„ã€‚

äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ

å˛ŠãŽå‘ŧ吸īŧˆã„わぎこきゅうīŧ‰ åŖąãƒŽåž‹ 蛇į´‹å˛Šãƒģ双æĨĩīŧˆã˜ã‚ƒã‚‚んがんãƒģそうきょくīŧ‰ åŧãƒŽåž‹ 夊éĸį •ãīŧˆãĻんめんくだきīŧ‰ 鎖äģ˜ããŽé‰„įƒã‚’上ãĢæŠ•æ“˛ã—ãŸåžŒãĢéŽ–ã‚’č¸ãŋつけるäē‹ã§ã€é‰„įƒã‚’æ•ĩぎ頭上からå‹ĸいよく及きつける。

13
äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ

大æ­Ŗという時äģŖもあãŖãĻäŧŠäš‹åŠŠã‚’į”Ŗんで間もãĒい時į‚šã§17、8æ­ŗ。 一撃į›Žã‚ˆã‚ŠäēŒæ’ƒį›ŽãŽã€äēŒæ’ƒį›Žã‚ˆã‚Šä¸‰æ’ƒį›ŽãŽå¨åŠ›ãŒä¸ŠãŒãŖãĻいくため、äē‹åŽŸä¸Šæ°´ãŽåž‹ã§æœ€åŧˇãŽæŠ€ã€‚ そぎうえで「äŋĄã˜ãŸã„こと」をå„Ē先しãĻäŋĄã˜ã‚‹ãŽã§ã€äŊ•åēĻも騙されãĻきた。

9
äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ

そぎ圧倒įš„ãĒåŧˇã•ãŽå‰ãĢčŋŊいつめられるが、įˆļからäŧæ‰ŋした「ヒノã‚ĢミįĨžæĨŊ」とįĻ°ķ „€čą†å­ãŽčĄ€éŦŧčĄ“ã§é€†čĨ˛ãĢčģĸずる。 ぞたį‰šį•°äŊ“čŗĒã‚’æŒãĄã€éŦŧãŽč‚‰ã‚’å–°ã„å–ã‚Ščžŧむことで、そぎ力を一時įš„ãĢäŊŋうことができるéŦŧæŽē隊ãĢとãŖãĻį„ĄäēŒãŽäēē材である。 č‚†ãƒŽåž‹ æ‰“ãĄæŊŽīŧˆã†ãĄã—おīŧ‰ é‚Ŗį”°čœ˜č››åąąãŽįˆļéŦŧãĢäŊŋį”¨ã€‚

19
äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ

äŧŠäš‹åŠŠã¯ã€ã“ぎįŋ’åž—ãĢč‹ĻæˆĻしぞした。 é‚Ŗį”°čœ˜č››åąąã§ãŽæˆĻã„ã§ã¯ã€čœ˜č››éŦŧãĢæŽēされかけãĻしぞいぞすがįžŠå‹‡ãŒæ•‘å‡ē。 しかし、į”ŸãæŽ‹ãŖたįŽ„åŧĨは母がæ­ģんだことãĢæˇˇäšąã—ã€ŒäēēæŽēし」と原åŧĨをįŊĩ倒した。

5
äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ

č˛ ã‘ãšåĢŒã„でį‰Šå‡„く染ぞりやすい性æ ŧであり、ノãƒĒがé ģįšãĢ変わる。

12
äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ

ぎ札をäŊŋいå§ŋをæļˆã—た上でį„Ąæƒ¨ãĢæ”ģ撃をäģ•æŽ›ã‘るが、į„Ąæƒ¨ãŽå…¨æ–šäŊæ”ģ撃ãĢよãŖãĻ一時æˆĻ闘不čƒŊとãĒãŖãĻしぞう。

11
äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ äŧŠäš‹åŠŠ は きめ や し ば ãŗら い つぎ

13æ­ŗぎ時ãĢįžŠå‹‡ã¨å…ąãĢ最įĩ‚選åˆĨを受け、前čŋ°é€šã‚Šæ‰‹éŦŧとぎæˆĻ闘でå‘ŊをčŊã¨ã—ãŸãŒã€č—¤čĨ˛åąąãŽéŦŧを掆お一äēēã§č¨Žäŧã—ãĻいたため、そぎ嚴ぎ選åˆĨでぎæ­ģč€…ã¯åŊŧだけだãŖた。

14