ドナクエ ã‚ŋクト ハãƒŧゴãƒŗ。 【ドナクエã‚ŋクト】ハãƒŧゴãƒŗãŽæœ€æ–°čŠ•äžĄīŊœãŠã™ã™ã‚į‰šæŠ€ã¨čŖ…備【ドナゴãƒŗクエ゚トã‚ŋクト】īŊœã‚˛ãƒŧムエイト

ハãƒŧゴãƒŗ ドナクエ ã‚ŋクト ハãƒŧゴãƒŗ ドナクエ ã‚ŋクト

ぞた、ã‚ĸトナ゚はゎナがåŧąį‚šãĢãĒるため、「ベゎナマ」を持つãƒĸãƒŗã‚šã‚ŋãƒŧを1äŊ“įˇ¨æˆã—ãĻおくとæ”ģį•Ĩが厉厚しぞす。 2ã‚ŋãƒŧãƒŗį›Žã¯ãƒãƒŧゴãƒŗぎHPをさらãĢ削ろう 2ã‚ŋãƒŧãƒŗį›Žã‹ã‚‰ã¯ãƒãƒŧゴãƒŗぎHPをさらãĢ削ãŖãĻいきぞしょう。

15
ハãƒŧゴãƒŗ ドナクエ ã‚ŋクト ハãƒŧゴãƒŗ ドナクエ ã‚ŋクト

3äŊ“äģĨ下でクãƒĒã‚ĸはåˆĨ記äē‹ãĢしぞした。 HP50īŧ…äģĨ下でぎベホイムãĒおもあるぎでéĢ˜įĢ力で一気ãĢ倒したい。 イã‚Ēč€æ€§ã‚’æŒãŖãĻいればå‘Ēæ–‡č€æ€§ãŒä¸ŠãŒãŖãĻるãƒĸãƒŗã‚šã‚ŋãƒŧは、ã‚Ģãƒŧ゚イã‚Ēナã‚ēãƒŗやイã‚Ēナã‚ēãƒŗãŽãƒ€ãƒĄãƒŧジはそこぞで大きくãĒいため、ãŋがわりから外れãĻįŠæĨĩįš„ãĢハãƒŧゴãƒŗをæ”ģ撃しぞしょう。

10
ハãƒŧゴãƒŗ ドナクエ ã‚ŋクト ハãƒŧゴãƒŗ ドナクエ ã‚ŋクト

デイãƒŗįŗģでåŧˇåŠ›ãĒãƒĸãƒŗã‚šã‚ŋãƒŧは多くãĒいため、ゎã‚Ŧãƒŗテ゚とã‚ĩイクロプ゚ãĢはイã‚Ēį‰šæŠ€ã‚’持つãƒĸãƒŗã‚šã‚ŋãƒŧをãļつけるぎがおすすめãĢãĒりぞす。

1
ハãƒŧゴãƒŗ ドナクエ ã‚ŋクト ハãƒŧゴãƒŗ ドナクエ ã‚ŋクト

ハãƒŧゴãƒŗは「ã‚Ģãƒŧ゚イã‚Ēナã‚ēãƒŗ」をäŊŋį”¨ã™ã‚‹ãŸã‚ã€ã‚くぞįĨžåŽ˜ã‚ˆã‚Šã‚‚ãƒ€ãƒĄãƒŧジが大きく掋しãĻおくとノãƒŧデ゚を逃しãĻしぞいぞす。 あくぞįĨžåŽ˜ã¯ã‚¤ã‚ĒナをäŊŋį”¨ã™ã‚‹ãŸã‚ã€ã‚¤ã‚Ēč€æ€§ã‚’æŒã¤ãŋがわりキãƒŖナがいるとあくぞįĨžåŽ˜ã¨ãŽæˆĻ闘を厉厚しãĻæ”ģį•Ĩすることができぞす。 ã‚ˇãƒ‰ãƒŧæˆĻでã‚Ēã‚šã‚šãƒĄãŽã‚­ãƒŖナクã‚ŋãƒŧīŧˆ ãƒĄãƒŠãƒģゎナīŧ‰ ドãƒĢãƒĸãƒŧã‚ĸやジゴデイãƒŗīŧˆãƒ‡ã‚¤ãƒŗīŧ‰ãĢč€æ€§ãŽã‚ã‚‹ã‚­ãƒŖナが望ぞしい。

1
ハãƒŧゴãƒŗ ドナクエ ã‚ŋクト ハãƒŧゴãƒŗ ドナクエ ã‚ŋクト

前回と同様ãĢæļˆč˛ģã‚šã‚ŋミナは0で4äŊ“ãŽãƒœã‚šã‚’å€’ã™ã“ã¨ã§ã€Œã‚ˇãƒ‰ãƒŧ」ãĢ挑æˆĻã§ãã‚‹ã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ãĢãĒると思われぞす。 HPがäŊŽã„ãƒĸãƒŗã‚šã‚ŋãƒŧはį‰šãĢã‚šã‚Ģナで厈備力ぎバフをかけるようãĢしぞしょう。

1
ハãƒŧゴãƒŗ ドナクエ ã‚ŋクト ハãƒŧゴãƒŗ ドナクエ ã‚ŋクト

ãŋãŒã‚ã‚Šã§č­ˇã‚ŠãĒがらæˆĻおう ノãƒŧデ゚をį‹™ã†éš›ã¯ãŋãŒã‚ã‚Šã§č­ˇã‚ŠãĒがらæˆĻうぎがおすすめãĢãĒりぞす。 ぞとめるとトãƒĒックグãƒŦイツェãƒĢ、プãƒĒãƒŗ。 25äŊ“ぎäģ˛é–“とčŖ…備をį”¨æ„ã—、4äŊ“ぎãƒĸãƒŗã‚šã‚ŋãƒŧを倒すåŋ…čĻãŒã‚りぞす。