ビソプロロール フマル 酸。 ビソプロロールフマル酸塩錠5mg「テバ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

フマル 酸 ビソプロロール フマル 酸 ビソプロロール

【飲み合わせ・食べ合わせ】 飲み合わせに注意する薬がたくさんあります。 5mgから開始することに留意した上で,各疾患の指標となる血圧や心拍数,症状等に応じ,開始用量を設定すること。

13
フマル 酸 ビソプロロール フマル 酸 ビソプロロール

甲状腺中毒症• ・65才以上の高齢者。

19
フマル 酸 ビソプロロール フマル 酸 ビソプロロール

服用回数は、通常1日1回だけです。 飲み合わせによっては、副作用がでやすくなります。

15
フマル 酸 ビソプロロール フマル 酸 ビソプロロール

カルベジロールの効果 カルベジロールは錠剤の規格によって、使用される疾患が異なります。 低血圧,めまいなどの症状がみられ,アンジオテンシン変換酵素阻害薬や利尿薬の減量により改善しない場合には本剤を減量すること。

フマル 酸 ビソプロロール フマル 酸 ビソプロロール

・降圧効果、徐拍効果が用量依存性であるため使いやすい。 妊娠中・授乳中の使用は胎児への影響の危険性から避けるようにされています。

フマル 酸 ビソプロロール フマル 酸 ビソプロロール

交感神経系に対し抑制的に作用する薬剤 レセルピン等 過剰の交感神経抑制作用(徐脈、血圧低下等)があらわれることがある。 相加的に作用(交感神経抑制作用)を増強させる。 1.本態性高血圧症(軽症〜中等症)、狭心症、心室性期外収縮:ビソプロロールフマル酸塩として、5mgを1日1回経口投与する• 75又は5mgとして必ず段階的に行い、いずれの用量においても、1日1回経口投与とする。

11
フマル 酸 ビソプロロール フマル 酸 ビソプロロール

【食生活】• 降圧作用を有する薬剤 降圧剤 硝酸剤 降圧作用が増強することがある。 • 過度に血圧の低い• (高齢者への投与) 高齢者には、次の点に注意し、少量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与する。 水又はメタノールに極めて溶けやすく、エタノール(99. レイノー症候群• 〕 重篤な肝、腎機能障害のある患者〔薬物の代謝・排泄が遅延し、作用が増強するおそれがある。

16
フマル 酸 ビソプロロール フマル 酸 ビソプロロール

(50代勤務医、循環器内科)• 2.慢性心不全を合併する本態性高血圧症、狭心症の患者、心室性期外収縮又は頻脈性心房細動のある患者では、慢性心不全の用法及び用量に従う。 2週間以上休薬した後、投与を再開する場合には、【用法・用量】の項に従って、低用量から開始し、段階的に増量すること。 慢性心不全の場合、2週間以上休薬した後、投与を再開する場合には、「用法・用量」の項に従って、低用量から開始し、段階的に増量する。

20
フマル 酸 ビソプロロール フマル 酸 ビソプロロール

5mgから開始することに留意した上で,各疾患の指標となる血圧や心拍数,症状等に応じ,開始用量を設定すること。 J Clin Pharm Ther 28 3 : 179—86. 糖尿病の薬の副作用(低血糖)を強めるおそれがあります。

8