せん ねん į¸ å¤Ēé™Ŋ。 せんねんį¸ãŽåŠšæžœįš„ãĒäŊŋい斚と時間īŧåŖã‚ŗミやį¨ŽéĄžã”ã¨ãŽäžĄæ ŧãƒģ成分ãƒģį†ąã•ãžã¨ã‚

å¤Ēé™Ŋ せん ねん į¸ å¤Ēé™Ŋ せん ねん į¸

ツボは1〜3ã‚Ģ所į¨‹åēĻからはじめãĻください。 3äēēãŒå‚č€ƒãĢãĒãŖたと回į­” こぎãƒŦビãƒĨãƒŧã¯å‚č€ƒãĢãĒりぞしたかīŧŸ å››åč‚ŠãŽįˇŠå’ŒãĢ åŽģåš´ãŽå¤ã‹ã‚‰å››åč‚Šãƒ‡ãƒ“ãƒĨãƒŧしぞした 一į•Ēã˛ãŠã‹ãŖた時でãĒんãĻことãĒいį‰ŠãŒã‚‚ãĻãĒかãŖた時 荷į‰ŠãŒå°‘ãĒい小さãĒバックやお鍋ãĒおīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨ į§ã¯åˇĻ肩ãĒぎですがį§‹åŖからæŽĩã€…å†ˇãˆãĻきãĻč‚ŠãŒį—›ããĒãŖãĻきぞした į‰šãĢ夜ですね į—›ãŋでčĩˇããŸã‚Šæœã¯č‚Šã‹ã‚‰č…•ãŒã¤ãŖãąã‚‹æ„Ÿã˜ãŒã—ãĻ čĩˇããĻからぞずマッã‚ĩãƒŧジしぞす æš¯čˆšãĢæĩ¸ã‹ãŖãĻčēĢäŊ“を渊めãĻも寝ãĻã‚‹é–“ãŽå†ˇãˆãĢは勝ãĻãĒいようです æœŦåŊ“は世į•Œã‚’čŗŧå…Ĩしたつもりでしたがå¤Ēé™Ŋでした けれお原際äŊŋãŖãĻãŋるとこれぞた渊かくãĻæ°—æŒãĄãŒã„ã„ã‚“ã§ã™ がīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨ æ°—æŒãĄã„ã„ã‹ã‚‰ã¨4時間ãģおäŊŋãŖたらäŊŽéŸŗやけおしぞした これはč‡Ē分ぎäŊŋい斚ぎ間違いãĒぎで気ãĢしãĻãĒいです æŦĄãŽæ—Ĩぎ朝į—›ãŋがįˇŠå’Œã•ãˆãĻč‚Šã‚‚å°‘ã—ãƒŠã‚¯ãĢãĒりぞした æąæ´‹åŒģå­Ļはåŗ劚性はãĒく垌からじんわりとくるぎもãĒぎで ãĒかãĒかいいãĒぁとäŊŋį”¨ã—ãĻ感じぞした äŊŋį”¨æ™‚間は1時間半äŊãŒåĻĨåŊ“かãĒãã¨č¨€ã†å°čąĄã§ã™ãŒ 個äēēåˇŽãŒã‚ã‚‹ãŸã‚ įšŽč†šãŽįŠļ態į­‰ 原際äŊŋãŖãĻãŋãĒいとč§ŖらãĒいですね ポイãƒŗトが10倍だãŖãŸãŽã§ã“ãĄã‚‰ãŽ54ã‚ŗãĢしぞしたが 少ãĒã„æ–šã§ã‚‚č‰¯ã‹ãŖたかも 変わりãĢ渊į†ąã‚ˇãƒŧトを垌æ—Ĩčŗŧå…Ĩしぞした ツボぎčĒŦ明書もå…ĨãŖãĻã‚‹ãŽã§č‚ŠäģĨ外ãĢもäŊŋえぞすねâ€ĸ ã‚Ģイロぎおį¸į‰ˆã¨ã„ãŖた感じですから、č‡Ēåˆ†ã§ã‚‚č‚ŠéĻ–ãĢ気čģŊãĢč˛ŧれるぎがåŦ‰ã—いです。 つけたぞんぞ寝ãĻしぞãŖãĻ、気ãĨいたときãĢはįĢå‚ˇãĢãĒãŖãĻたとか。

14
å¤Ēé™Ŋ せん ねん į¸ å¤Ēé™Ŋ せん ねん į¸

せんねんį¸ãŽå‰¯äŊœį”¨ 「せんねんį¸ã¯äŊŋいたいけお副äŊœį”¨ãŒæ°—ãĢãĒるâ€Ļ」 おうしãĻも副äŊœį”¨ãŒæ°—ãĢãĒãŖãĻしぞãŖãĻ刊į”¨ã—たいけお、ãĒかãĒか手がだせãĒいãŖãĻいうäēēも多いですよね。 ã‚Ģナダぎ内側からįžŽã—ãã€Œã€ã‚‚å‚č€ƒãĢしãĻください。 2 æŦĄãŽéƒ¨äŊãĢはäŊŋį”¨ã—ãĒいでください。

11
å¤Ēé™Ŋ せん ねん į¸ å¤Ēé™Ŋ せん ねん į¸

ãŸã ã€č‚Šã“ã‚ŠãŒæŋ€ã—い斚は、劚きį›ŽãŒã›ã‚“ねんį¸ã‚ˆã‚Šã¯åŧąã„ということと、おうしãĻもã‚ŗã‚šãƒ‘ã¯å‰˛éĢ˜ãĢãĒりぞすから、そぎčžēりはせんねんį¸ã¨æ¯”čŧƒã™ã‚Œã°ãƒžã‚¤ãƒŠã‚šį‚šã§ã™ã­ã€‚

å¤Ēé™Ŋ せん ねん į¸ å¤Ēé™Ŋ せん ねん į¸

ãƒģ同時ãĢたくさんぎæ–Ŋį¸ãƒã‚¤ãƒŗトãĢäŊŋį”¨ã—ãĒいで下さい。 ぞた、ナãƒŗニãƒŗグ垌もかたぞãŖたį­‹č‚‰ã‚„é–ĸį¯€ã‚’おį¸ã§ã‚たためãĻください。

å¤Ēé™Ŋ せん ねん į¸ å¤Ēé™Ŋ せん ねん į¸

ãŸã ã€č‚Šã“ã‚ŠãŒæŋ€ã—い斚は、劚きį›ŽãŒã›ã‚“ねんį¸ã‚ˆã‚Šã¯åŧąã„ということと、おうしãĻもã‚ŗã‚šãƒ‘ã¯å‰˛éĢ˜ãĢãĒりぞすから、そぎčžēりはせんねんį¸ã¨æ¯”čŧƒã™ã‚Œã°ãƒžã‚¤ãƒŠã‚šį‚šã§ã™ã­ã€‚ Q37 åŋ™ã—くãŖãĻâ€ĻじãŖとしãĻいãĒくãĻもできるおį¸ãŖãĻあるぎīŧŸ A 「」や「」はįĢをäŊŋわãĒいぎでčĄŖ服ぎ中ãĢはãŖたぞぞおį¸ãŒã§ããžã™ã€‚ ãƒģå°ąå¯æ™‚ãŽäŊŋį”¨ã¯į‰šãĢæŗ¨æ„ã—ãĻください。

10
å¤Ēé™Ŋ せん ねん į¸ å¤Ēé™Ŋ せん ねん į¸

Q19 おį¸ãĢã‚ĸãƒŦãƒĢã‚ŽãƒŧはありぞすかīŧŸ A おį¸ã¯ã€Œã‚ˆã‚‚ãŽã€ãŽč‘‰ã‹ã‚‰ã¤ãã‚‰ã‚ŒãŸã€Œã‚‚ãã•ã€ãĢįĢをつけ、「もぐさ」がį‡ƒãˆã‚‹į†ąã§ã‚Ģナダを渊めぞす。