ぞねきįŒĢ ポピã‚ŋãƒĢ。 多頭éŖŧč‚˛å´ŠåŖŠã§ä¸€čģ’åŽļãĢ238åŒšã¨ã„ã†čĄæ’ƒīŧ įšæŽ–å­Ļã‹ã‚‰č€ƒãˆã‚‹ãƒã‚ŗįŽ—ぎäģ•įĩ„ãŋとはīŧŸ(įŸŗäē•ä¸‡å¯ŋįžŽ)

ポピã‚ŋãƒĢ ぞねきįŒĢ ポピã‚ŋãƒĢ ぞねきįŒĢ

īŧˆå†™įœŸīŧ‰ įŽ„įąŗã¯čž˛č–Ŧぎåŋƒé…ãŒã‚るため、厉全ãĒįŽ„įąŗをåĨ‘į´„螲åŽļからį›´æŽĨč˛ˇã„äģ˜ã‘ãĻいぞす。 与え斚ãƒģ与えるį›ŽåŽ‰é‡ プナイã‚Ēはパã‚Ļダãƒŧã‚ŋイプで、通常はéŖŸäē‹ãĢæˇˇãœãĻ与えることができぞす。 名前からするとįŒĢ専門į—…é™ĸぎようですが、įŠŦもしãŖかりč¨ēãĻくれぞす。

16
ポピã‚ŋãƒĢ ぞねきįŒĢ ポピã‚ŋãƒĢ ぞねきįŒĢ

čĢŒåąą į´€å­å…ˆį”Ÿâ€ĸ 抗がん剤ぎ副äŊœį”¨ã§åĨåēˇã‚’å´Šã—ãŒãĄâ€ĸ ネã‚ŗįŽ— ネã‚ēミįŽ—ãĒらãŦネã‚ŗįŽ—があることをčĒŦ明しぞす。 å†Ŧč™Ģå¤č‰ãŽåŸšé¤ŠåžŒãĢčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹æˆåˆ†å¤‰åŒ– åŧŠį¤žãŽæŠ€čĄ“で遊切ãĢå†Ŧč™Ģå¤č‰ã‚’åŸšé¤Šã™ã‚‹ã¨ã€åŸšåœ°ãĢåĢぞれる成分ãĢ大きãĒ変化がčĻ‹ã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚

8
ポピã‚ŋãƒĢ ぞねきįŒĢ ポピã‚ŋãƒĢ ぞねきįŒĢ

各動į‰Šį—…é™ĸぎ場所やã‚ĸクã‚ģ゚、地å›ŗ、é›ģ芹į•Ēåˇã€å–ļæĨ­æ™‚間、å–ļæĨ­æ—Ĩ、äŧ‘č¨ēæ—Ĩ、č¨ē察å‡ēæĨるペットぎį¨ŽéĄžãĒãŠã‚’æŽ˛čŧ‰ã—ãĻいぞす。 ãƒģã‚Ēムツかãļれぎ原因 ã‚Ēムツかãļれぎ原因は、äģĨ下ぎことからãĒりぞす。 いぞįŠŦįŒĢãŸãĄãĢ多くãŋられる「がん」はå‘ŊãĢé–ĸわることもあるį—…気ですが、栚æœŦįš„ãĢは免į–Ģ力がしãŖかり働けãĒくãĒãŖãĻいることが原因ぎ1ã¤ã ã¨č¨€ãˆã‚‹ãŽã§ã™ã€‚

13
ポピã‚ŋãƒĢ ぞねきįŒĢ ポピã‚ŋãƒĢ ぞねきįŒĢ

原際ãĢお与えãĢãĒるときは、もãŖと少ãĒい量ãĢãĒりぞすぎで、2つį›ŽãŽčĄ¨ã‚’ã”å‚č€ƒãĢしãĻいただければと思いぞす。 æ–‰č—¤į‰§å ´å‹•į‰Šį—…é™ĸīŧˆåƒč‘‰įœŒæŸå¸‚īŧ‰â€ĸ éĢ˜ã‚ĢãƒĒã‚Ļãƒ čĄ€æŧŋãŽãŒã‚ã‚‹č…Žä¸å…¨ãŽå­ã¯ã€æŽ§ãˆãĻくださいねīŧ‰ čœ‚čœœã¯ã€æģ‹é¤ŠåŧˇåŖŽãĢもいいともいわれãĻいぞす。

9
ポピã‚ŋãƒĢ ぞねきįŒĢ ポピã‚ŋãƒĢ ぞねきįŒĢ

そしãĻ、与えるときは、č€ŗかき少しぐらいから始めãĻください。

16
ポピã‚ŋãƒĢ ぞねきįŒĢ ポピã‚ŋãƒĢ ぞねきįŒĢ

いきãĒりæ˛ģį™‚ã‚’åŋ…čĻã¨ã—ãĒいįŠŦįŒĢãŸãĄãĢは、åĨåēˇã‚’įļ­æŒã™ã‚‹ãŸã‚ãŽã‚ĸドバイ゚をくれるでしょう。 į—…æ°—ãĢč˛ ã‘ãĒいようãĢ、æ—Ĩ頃ぎåĨåēˇã‚ĩポãƒŧトとしãĻ、将æĨぎåĨåēˇã‚’č€ƒãˆãŸã‚ĩポãƒŧトとしãĻ、おäŊŋいいだければと思いぞす。 ãĒぜãĒら、ã‚Ēムツ選ãŗは、そぎ子ぎ運動量、å°ŋ量、äŊ“æ ŧãĢよãŖãĻį•°ãĒãŖãĻくるからです。

3