å‡ē刃 包丁 ぎ į ”ぎ 斚。 å‡ē刃包丁ぎį ”ぎ斚と刃がæŦ ã‘ãĢくい刃äģ˜ã‘ īŊœ č‡ĒåŽ…åą…é…’åą‹

包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ 包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ

äģŠå›žãŽãŠčŠąã¯ã€åŒ…丁ぎį ”ぎ斚。 一æ—ĨãĢ大量ぎ魚をさばかれる斚はこぎ小刃äģ˜ã‘ã‚’čĄŒãŖãĻ頂くことをお勧めしぞす。

4
包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ 包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ

widget-content-subtitle-above,. 反りと刃įˇšãŒå´Šã‚ŒãĻいãĒいæ­ŖしいåŊĸ。 īŧˆå’ŒåŒ…丁は通常čŖã‚’į Ĩぐåŋ…čĻã¯ã‚りぞせんīŧ‰ そしãĻã‚ŊãƒĒ部分から先は、上と同じく「し」ぎ字ãĢåŧ•ãį ”ぎしぞしょう。

16
包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ 包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ

ここをčĒ¤č§ŖしãĒいでæŦ˛ã—いんですが、「éĢ˜äžĄã§éĢ˜į´šãĒåē–丁」という意å‘ŗではãĒいぎです。 į ”ぎįŸŗを水ãĢつける į ”ぐ際ぎ水は包丁とį ”ぎįŸŗぎ摊æ“Ļを少ãĒくし、摊æ“Ļでį”Ÿãžã‚Œã‚‹į†ąã‚’čģŊ減しぞす。

15
包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ 包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ

三åžŗ包丁というぎは、äģĨ下ぎようãĒåŊĸãŽåŒ…ä¸ãŽã“ã¨ã‚’č¨€ã„ãžã™ã€‚ 晎通は中į Ĩでį ”ぐもぎãŋたいですがīŧŒåˆã‚ãĻį ĨįŸŗã‚’č˛ˇã„ãĢ行ãŖた時ãĢ夊į„ļį ĨįŸŗを一į”Ÿã‚‚ãŽã ã¨æ€ã„č˛ˇã„ãžã—ãŸãŒâ€Ļį§ã¯ã‚„はりį´ äēēâ€Ļį ”ぎ斚を勉åŧˇã™ã‚‹į‚ēãĢæœŦãĒおãŋãĻるとį§ãŒč˛ˇãŖたį ĨįŸŗはäģ•ä¸Šã’į”¨ã§īŧŒæœŦåŊ“ãĒらば中į ĨというぎをäŊŋうらしくīŧŒã—かも夊į„ļでį ”ぐãĢはį´ äēēãĢはé›Ŗしいとâ€Ļでもį´ äēēぎį§ã§ã™ãŒīŧŒã˛ãã‹ãĢ夊į„ļぎ中į ĨがæŦ˛ã—いãĒんãĻį„ĄčŦ€ãĒæŦ˛æœ›ã‚’æŠąã„ãĻいぞす。 é‹ŧã¯ã‚ˇãƒŖキãƒŗと切れるぎãĢ寞しãĻハイ゚はマッã‚ŋãƒĒと切れる感じです。

包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ 包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ

äŊ•åš´ã‹ãžãˆæ˛ŗčąšãŽå…č¨ąã‚’å–ã‚‹ã¨ã čĻĒæ–šãĢは内įˇ’で 可愛がãŖãĻもらãŖãĻたæ˛ŗčąšåą‹ãŽæ—Ļé‚ŖさんãĢ教わりãĢいãŖたんです įĨžæĨ­ã§ã—たね もうあんãĒčĄæ’ƒįš„ãĒ捌きはãŋれãĒいでしょう 〆ãĻからぎč§ŖäŊ“、įšŽãŽãƒˆã‚˛åŧ•ããžã§īŧ“分かそこらで そぎæ—Ļé‚ŖさんはæœŦį„ŧ専門でした。 ですからé‡ŖりãĒãŠã§é­šã‚’æŒãå ´åˆã§ã‚‚ã€ã€Œã˛ã¨äģ•äē‹ã‚’įĩ‚えãĻ」からį ”いでäģ•čˆžã†ã¨ã„うįŋ’æ…Ŗã‚’ã¤ã‘ãŸæ–šãŒč‰¯ã„ã§ã™ã€‚

包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ 包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ

四 20回ãģおį ”いだらčŖčŋ”しãĻ、半円を描くようãĢ「かえり」を取りぞす。 こぎčŖãĢはį ĨぎすぎãĻはいけãĒいという意å‘ŗもåĢぞれãĻいるんですよ。 中åŋƒãĒら中åŋƒãĢ。

1
包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ 包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ

严éĸをãģãŧ同じį¨‹åēĻでį ”ぐåŋ…čĻãŒã‚るぎで、 į‰‡éĸだけやり過ぎãĒいようãĢæŗ¨æ„ãŒåŋ…čĻãĢãĒりぞす。 čŖã‚’į ”ぐ際ãĢは、刃先が外側ãĢ向くようãĢしãĻã€čĄ¨ã¨é€†ãŽį ”ぎ斚で。

11
包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ 包丁 ぎ æ–š å‡ē刃 į ”ぎ

į‰‡åˆƒãŽåŒ…丁は、魚ãĒおを捌く際ãĢį”¨ã„る「å‡ē刃包丁」や åˆēčēĢãĨくりãĢ遊した「åˆēčēĢåŒ…ä¸ã€ã€é‡ŽčœãŽčĒŋį†ãĢäŊŋã†ã€Œčœåˆ‡ã‚ŠåŒ…ä¸ã€ã‚„ ã€Œč–„åˆƒåŒ…ä¸ã€ãĒお。 大äŊ“ぎごåŽļåē­ãĢある包丁でいくと、 å‡ē刃、åˆēčēĢ包丁į­‰ã¯į‰‡åˆƒã€ į‰›åˆ€ã‚„三åžŗ包丁į­‰ã¯ä¸ĄåˆƒãĢåąžã—ãžã™ã€‚

11