タフト コンセプト。 ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!

コンセプト タフト コンセプト タフト

少し無骨なほうが、かっこいいかなと思います」。

7
コンセプト タフト コンセプト タフト

そう、2019年10月に開催された東京モーターショーで、ダイハツブースに飾られていた軽SUVのコンセプトモデル「WakuWaku」 ワクワク の進化系だ。

コンセプト タフト コンセプト タフト

エクステリア タフト 両者とも「アウトドアテイストを強調したSUVデザイン」ながら、こうして見比べてみると個性の違いが際立つ。

6
コンセプト タフト コンセプト タフト

前席はしっかりと運転に集中させ、後席は使い倒せる荷室のようになっているのが特徴です。 真正面からぶつかるライバル関係を考えれば、タフトもターボ車には標準装着となる可能性が高い。 [全グレードにメーカーオプション] サイドビューランプ 夜間の右左折時、通常のヘッドランプに加え、左右方向を照らす補助灯を追加点灯させること で、ステアリングを切った方向を明るく照射。

17
コンセプト タフト コンセプト タフト

もうひとつのポイントである荷室は、リヤシートがフラットに倒れる構造が大きなトピックだ。

17
コンセプト タフト コンセプト タフト

当然、ライバルとして想定しているのは、現在のところ軽クロスオーバーとして一人勝ちし続けている、ハスラーであることは間違いない。

5