さãŋしい æŧĸ字。 ã€Œå¯‚ã—ã„ã€ã€Œæˇ‹ã—ã„ã€ãŽé•ã„ã¯īŧŸæ„å‘ŗãƒģäŊŋい斚とīŧ’つぎčĒ­ãŋæ–šã‚‚č§ŖčĒŦ

æŧĸ字 さãŋしい æŧĸ字 さãŋしい

æŧĸ字「寂」ぎ「叔」は、į´°ãå°ã•ã„意å‘ŗがあり、「寂」は「åŽļ」īŧ‹ã€Œå”」で、åŽļぎ中ぎäēēåŖ°ãŒį´°ãå°ã•ããĒãŖãŸã•ãžã‚’čĄ¨ã™ã€‚ æˇ‹ã—ã„į”Ÿæ´ģ。 å¯‚ã—ã„ãŽéĄžčĒž å¯‚ã—ã„ãŽéĄžčĒžãƒģ類įžŠčĒžã¨ã—ãĻã¯ã€é™ã‹ã§æˇ‹ã—ã„ã“ã¨ã‚’æ„å‘ŗする「䞘ãŗしい」īŧˆčĒ­ãŋæ–šīŧšã‚ãŗしいīŧ‰ã€1äēē取り掋されることを意å‘ŗする「孤į‹Ŧ」「一äēēãŧãŖãĄã€ã€čĒ°ã‹ãã°ãĢいãĻæŦ˛ã—いことを意å‘ŗする「äēēč‚ŒãŒæ‹ã—ã„ã€ãĒおがありぞす。

2
æŧĸ字 さãŋしい æŧĸ字 さãŋしい

æ°—æŒãĄãŽč‰¯ã•ã‚’čĄ¨įžã—たい時ãĢäŊŋうといいでしょう。 0äģļぎã‚ŗãƒĄãƒŗトâ€ĸ 林は、木がたくさんįļšãå ´æ‰€ã§ã™ã€‚

æŧĸ字 さãŋしい æŧĸ字 さãŋしい

į‰ŠčļŗりãĒい。 これは古くãĒãŖãĻ新鎎でãĒくãĒã‚Šã€č‰˛č¤ĒせたもぎãĢ寞しãĻčļŖきや渋ãŋを感じるという意å‘ŗがありぞす。

æŧĸ字 さãŋしい æŧĸ字 さãŋしい

そこからæļ™ãŒæ­ĸぞらãĒいようãĒã‚‚ãŽæ‚˛ã—ã•ã‚„åŋƒį´°ã•ã‚’いうようãĢãĒりぞした。

7
æŧĸ字 さãŋしい æŧĸ字 さãŋしい

äŋĄåˇæŠŸãŽã€Œã‚šã‚šãƒĄã€ãŽã‚ˇã‚°ãƒŠãƒĢãŽč‰˛ãŒã‚°ãƒĒãƒŧãƒŗであるãĢもé–ĸわらず「青」とå‘ŧãļãŽã¯ã€ã€Œé’ã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŽå¤ã„äŊŋã„æ–šãŽåæŽ‹ã‚Šã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいぞす。 å¯‚ã—ã„ã¨æˇ‹ã—ã„ã‚’äŊŋい分けるįŠļæŗã‚„情景とはæŦĄãŽé€šã‚Šã§ã™ã€‚

9
æŧĸ字 さãŋしい æŧĸ字 さãŋしい

æœŦæĨぎ意å‘ŗã§ã‚ã‚‹ã€é›¨ãŒé•ˇãé™ã‚Šįļšãæƒ…景がさãŗしく感じるられることから、čģĸじãĻã€Œæˇ‹ã—ã„ã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŒį”Ÿãžã‚Œãžã—た。 īŧˆ1īŧ‰ã‚‚とぎæ´ģæ°—ãŒå¤ąã›ãĻ荒åģƒã—た感じがする。 æŗŖけãĻくるようãĒč‡Ēåˆ†ãŽæ°—æŒãĄ ã‚’čĄ¨įžã™ã‚‹æ™‚ãĢäŊŋわれãĻいぞす。

1
æŧĸ字 さãŋしい æŧĸ字 さãŋしい

äēŒã¤ãŽč¨€č‘‰ãŽã†ãĄã€Œå¯‚しい」だけが常į”¨æŧĸ字ãĒぎで、å…Ŧį”¨æ–‡ã‚„å­Ļæ ĄãŽå›ŊčĒžãŽãƒ†ã‚šãƒˆãŽč§Ŗį­”į”¨į´™ãĢは「寂しい」しかäŊŋえぞせん。 5äģļぎã‚ŗãƒĄãƒŗトâ€ĸ čĄ¨å¤–æŧĸ字とは、「常į”¨æŧĸå­—čĄ¨ã€ãĢčŧ‰ãŖãĻいãĒいæŧĸ字ぎことです。 『寂しい』は、â€ĸ įžäģŖではより標æē–įš„ãĒぎは「さãŗしい」であり、原際ãĢã€Œå¯‚ã—ã„ã€æˇ‹ã—ã„ã€ãĒおぎæŧĸ字ぎčĒ­ãŋ斚は「さãŗしい」しかčĒã‚ã‚‰ã‚ŒãĻいãĒい。

7
æŧĸ字 さãŋしい æŧĸ字 さãŋしい

とありぞす。

7