むせ た 時 ぎ 寞å‡Ļ æŗ•ã€‚ čĩ¤ãĄã‚ƒã‚“ãŒå–‰ã‚’čŠ°ãžã‚‰ã›ãĻしぞãŖた時ãƒģむせた時ぎ寞å‡Ļæŗ•īŊœã‚¤ã‚¯ãƒĄãƒŗ始めぞしたīŧ 【パパログ】

た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ

åŋƒæƒ…としãĻやりたくãĒるぎですが、įĒ’息するãģおぎおぎåĨĨãĢはぞãŖたもぎはįĩļ寞ãĢ手で取れぞせん。 【é–ĸé€Ŗ記äē‹ã€‘ åŖやぎおが䚞į‡Ĩã™ã‚‹ã‚ˇã‚§ãƒŧグãƒŦãƒŗį—‡å€™įž¤ ã‚ˇã‚§ãƒŧグãƒŦãƒŗį—‡å€™įž¤ã¨ã¯ã€40〜60äģŖぎåĨŗ性ãĢ多いとされるč‡Ēåˇąå…į–Ģį–žæ‚ŖぎäģŖ襨įš„ãĒį—…気です。

20
た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ

暴čĩ°č€…īŧˆéŖŸãšį‰Šį­‰īŧ‰ãŒæ°—įŽĄīŧˆå‘ŧ吸ぎ道īŧ‰ãĢå…Ĩることが 「čĒ¤åšĨīŧˆã”えんīŧ‰ã€ã§ã™ã€‚ そんãĒ時、 こぎå’ŗå—Ŋ反射ぎおかげで、å’ŗãĢよãŖãĻéŖŸãšį‰Šã‚„水分がč‚ēãĢäžĩå…ĨしãĻãžã†ãŽã‚’é˜˛ã„ã§ãã‚ŒãĻいるんです。 č‡ĒåˇąæĩãŽå¯žå‡Ļæŗ•ã‚’するぎではãĒく、åŗåē§ãĢ救æ€ĨčģŠã‚’å‘ŧãļこと。

1
た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ

æ’ŽåŊąīŧä¸‹é‡äŋŽ 取材ãƒģ文īŧä¸‹åšŗč˛´å­â€ĸ でも、むせãĻいる最中はéŖŸãšį‰Šã‚’吐きå‡ēしãĻいる時ですから、 äģ–äēēãŒčƒŒä¸­ã‚’åŧˇããƒã‚ˇãƒã‚ˇåŠã„ãĻã—ãžã†ã¨ã€ããŽčĄæ’ƒã§ã‹ãˆãŖãĻį•°į‰ŠãŒæ°—įŽĄãŽä¸­ãĢå…ĨãŖãĻしぞう可čƒŊ性がありぞす。

6
た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ

į§ãĒんãĻčĒ°ã‚‚åŋ…čĻã¨ã—ãĻくれãĒい、といãŖãŸæ°—æŒãĄã§ã™ã€‚ ですから、大äē‹ãĒぎはむせãĒいようãĢするäē‹ã€ã¤ãžã‚Šã‚€ã›ãĢくいäŊ“ã‚’äŊœã‚‹äē‹ãĒんです。 å‡ēãĻきたč‹ĻしãŋをæŠŧさえるということãĢãĒりぞす。

20
た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ

å’ŗをå‡ēすã‚ŋイミãƒŗグãĢ合わせãĻ及きぞしょう。 そしãĻã€ãƒĄãƒŧãƒĢと違ãŖãĻãƒĒã‚ĸãƒĢã‚ŋイムãĒぎで、čŋ”äē‹ã‚’書くぎãĢあぞりじãŖくり時間をかけられãĒいぎで、あせるãĒおということはありぞすかīŧŸ īŧˆã‚‚ãŖã¨ã‚‚čŠąã™ã‚ˆã†ãĢ打ãĻばいいぎでしょうがīŧ‰ チãƒŖットãŖãĻ、ãƒĒã‚ĸãƒĢã‚ŋイムぎäŧščŠąã¨ã¯ã„ãŖãĻも、é›ģčŠąã¨é•ã„æ–‡å­—ã ã‘ãŽäŧščŠąã§ã™ãŽã§ã€ãĒんかさばさばした感じだとも思うぎです。

た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ

å’ŗ喘息ãĢã‹ã‹ã‚‹ã¨ã€é•ˇæœŸé–“å’ŗがå‡ēãĻいるį‚ēãĢ、気įŽĄã‚„喉がかãĒã‚ŠãŽãƒ€ãƒĄãƒŧジを受けãĻいãĻ、少しぎåˆēæŋ€ã§ã‚‚むせãĻしぞいぞす。 čŠ°ãžã‚‰ã›ãŸã‚‰åãå‡ēさせる これは、äŊ•ã‹ã‚’å–‰ãĢčŠ°ãžã‚‰ã›ãŸæ™‚ãŽå¯žå‡Ļです。

た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ た 寞å‡Ļ æŗ• 時 ぎ むせ

įžįŠļã“ãĄã‚‰ã‹ã‚‰į›¸æ‰‹ãĢé€ŖįĩĄã‚’取るäē‹ãŒé›Ŗしい。

18