角 運動量。 角運動量保存則

運動量 角 運動量 角

ここで一度, モーメントの単位 次元 について確認しておこう. すごく難しそうな定義に見えますがやっていることはシンプルです。

6
運動量 角 運動量 角

手を広げた状態というのは、回転軸よりも遠くに質点が位置することになるので、慣性モーメントが大きい、つまり回りにくい状態だと言えます。 高校レベルでは,大きさをもつ物体が回転しない条件等を考えるだけで実際に物体が回転し出した後を扱いませんでしたが,大学物理ではこれを扱っていくことになります。

14
運動量 角 運動量 角

質点系の角運動量 [ ] 角運動量は加法的な量であり、系の全角運動量は、部分の角運動量の和であらわされる。 量子的状態の場合でも角運動が保存されることが多い。 角運動量の時間変化がに相当する。

運動量 角 運動量 角

式の解釈 が小さくても、が速ければが大きい。 ここで Iは、ニュートンの運動方程式の質量に相当する量で、剛体の密度分布と回転軸の位置から定まり、慣性モーメントという。 [田中 一] 量子的な運動における角運動量 量子的な運動の場合、物理量はつねに演算子として表現されており、その値はこれらの演算子の固有値で与えられている。

運動量 角 運動量 角

これは惑星運動の角運動量保存を観測したものといえよう。

15
運動量 角 運動量 角

しかし、外からトルクが働かない限り、角運動量は保存されるので、手を広げた状態と抱え込んだ状態では、どちらも回転の勢い、角運動量は同じだということになります。 それと全く同じ大きさを持ち,向きを加えたものを新たに角速度ベクトルとして定義します。

9
運動量 角 運動量 角

これは法則が似るように回転運動での量を定義したものだからである。

19