ãļつけ ãĻ ãĒい ぎ ãĢ ã‚ĸã‚ļ。 ãļつけãĻãĒいぎãĢあざがå‡ēæĨる

ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい

けがをしたときãĒお、æ—Ĩ常įš„ãĢよくčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹į—‡įŠļであるためčģŊãč€ƒãˆã‚‰ã‚ŒãŒãĄãĒ傞向ãĢありぞす。 č™ĢãĢåˆēされたぎかãĒとも思いぞしたが、į—’くãĒいしäģ•äē‹ã‚‚外å‡ēã‚‚é•ˇã‚ēボãƒŗばかりãĒぎで違うかãĒとは思いぞす。

20
ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい

īŧˆãļつけãĻãĒいぎãĢ青あざīŧ‰ åŊ“æ™‚č‚č‡“ãŽæ•°å€¤ãŒæ€Ĩ上昇したり įĩåą€ã¯č–Ŧを服į”¨ã—ãĻいたį‚ēīŧ‰ã€ã‚šãƒˆãƒŦ゚で毎夕斚ãĢãĒると į†ąãŒå‡ēたり、最įĩ‚įš„ãĢはæ…ĸæ€§æ‰æĄƒč…ēæ‰‹čĄ“ã—ãžã—ãŸã€‚

ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい

めぞいやįĢ‹ãĄãã‚‰ãŋ、垎į†ąã€å€Ļ怠感ãĒお、äŊ•ã‹äģ–ãĢį‰šåˆĨãĒ変化を感じãĒければ、åĨåēˇč¨ēæ–­ãŽæŽĄčĄ€ãŽįĩæžœã‚’åž…ãŖãĻも大丈å¤Ģかと思いぞす。 気äģ˜ã‹ãŦã†ãĄãĢができãĻいることもよくあることです。

8
ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい

ただīŧ’é€ąé–“ã€īŧ‘ãƒĩ月įĩŒãŖãĻもあざがæļˆãˆãĒい場合は、 ãĒãĢかį—…æ°—ãĢかかãŖãĻいる可čƒŊ性もありぞすぎで、į—…é™ĸãĢ行ãŖãĻ åēĻしãŖかりとした検æŸģを受けãĻおくことをお勧めしぞす。 下手ãĒマッã‚ĩãƒŧジをすれば、įŋŒæœã‚たりからおすéģ’くãĒりぞす。 血æļ˛æ¤œæŸģはしãĻいぞせん。

18
ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい

éšŖぎčģŠã¨é–“隔がį‹­ããĻãļつかりそうだと思うときで、éšŖぎčģŠãŒã‚‚うすぐå‡ēそうであれば、į„Ąį†ãĢã“ãĄã‚‰ã‹ã‚‰å‡ēようとせず、éšŖぎčģŠãŒå‡ēã‚‹ãžã§åž…ã¤ã“ã¨ã‚‚æ¤œč¨Žã—ãžã—ã‚‡ã†ã€‚

4
ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい

土曜æ—ĨあたりãĢįšŽč†šį§‘を受č¨ēしようと思ãŖãĻいぞすが、こぎį—‡įŠļãĒんでしょうか。

15
ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい ぎ ãļつけ ãĢ ã‚ĸã‚ļ ãĻ ãĒい

ビã‚ŋミãƒŗと一įˇ’ãĢ鉄分も摂取すると更ãĢ劚果がéĢ˜ããĒりぞす。