国道 17 号。 国道17号線(新大宮バイパス)

17 号 国道 17 号 国道

(渋川市半田 - 渋川市渋川東町関下) かつては渋川東町関下 - 渋川市阿久津間も渋川バイパスだったが、鯉沢バイパス開通に伴い、その先の旧道も含め国道291号に転換されている。 (正確には200. (昭和32年)には貫通し、(昭和34年)6月に供用開始され、群馬・新潟県境に初めて自動車の通れる道が通った。 (長岡市中之島 - 見附市坂井町)• 三国街道はとを直接結ぶ唯一の道としてより重視され、(10年)には国道一等に指定された。

17
17 号 国道 17 号 国道

三条バイパス(三条市、開通、三条市須頃地区完成)• 特に下路式の場合には端部が大きな開口部となり端部の強度に難が生じるため、現在ではほとんど採用されない。 関越自動車道(渋川市)• 浦佐道路(南魚沼市浦佐)• なお、並行する関越自動車道の区間( - 間)が積載車両(核燃料を除く)の通行を禁止しているため、該当車両はこちらの三国トンネルへ迂回し越境する。 国道17号新大宮バイパスと国道298号の立体交差の上には、首都高速と外環が通っていて5層構造になっている。

17 号 国道 17 号 国道

八色大橋(、新潟県南魚沼市 - 魚沼市)• 芝原峠(標高680 m):新潟県南魚沼郡湯沢町 - 芝原トンネルで通過 史跡• (新潟県)• かつ当路線は新道・旧道共に国直轄国道であり、非常に珍しい。 旧道と鯉沢バイパスの合流後も引き続き片側1車線となる。

7
17 号 国道 17 号 国道

国道298号、外環方面は側道へ。 (長岡市滝谷町字中子 - 長岡市三和二丁目):長岡東バイパスの開通に伴い、現在一部区間は新潟県道498号長岡中之島見附線に降格• 旧境橋。 (東京都文京区 湯島聖堂前交差点 - 東大農学部正門前)• (利根川、群馬県前橋市)• (東京都文京区 白山上交差点 - 千石駅前交差点)• (深谷市)• クロスしているのは上越新幹線です。

18
17 号 国道 17 号 国道

この三国トンネルから魚沼市にかけては、沿線になどの観光地が多い区間となっている。

2
17 号 国道 17 号 国道

かつ当路線は新道・旧道共に国直轄国道であり、非常に珍しい。 (昭和40年)4月1日に、道路法改正によって一級・二級の区別がなくなり一般国道17号となった。 以前は国道17号の表示のみだったが、「新大宮バイパス」の文字が入るようになった。

15
17 号 国道 17 号 国道

(渋川市渋川東町関下 - 渋川市上白井)• 群馬県高崎市経由区間• - - - - -• (一部開通)(南魚沼市竹俣 - 南魚沼市庄之又)• 国道460号(新潟市南区・白根古川交差点)• 笹目橋(長さ641m) 4車線のまま長さ641mの笹目橋へ。 旧境橋。 国道291号(渋川市中郷 - 利根郡みなかみ町政所・政所河原交差点 - 利根郡みなかみ町上津・上津大原交差点) 新潟県• 高崎市上並榎町 - 緑町• 三国峠はその前後にもがあるのに対し、清水峠は峠が1つだけであり、さらにも短くなるからである。

20
17 号 国道 17 号 国道

国道403号(三条市大野畑・大野畑交差点 - 三条市須頃三丁目・須頃3丁目南交差点)• (新潟市南区戸頭 - 新潟市南区保坂)• 群馬県は渋川までは4車線以上の区間が多く、埼玉県に比べるとかなり整備が行き届いています。

17 号 国道 17 号 国道

(新潟県南魚沼郡湯沢町)• 脚注 [] 参考文献• 真っ直ぐの道は国道17号線のヘアピンカーブにある鉄塔へ続く道。 この大宮バイパスの区間では他に主要な幹線道路が無く、全線の至る箇所で渋滞が発生しており、同区間に平行してが現在整備中である。

1