モーツァルト ピアノ 協奏曲。 ピアノ協奏曲集、ピアノ・ソナタ全集、ピアノ四重奏曲集、他 クリスティアン・ツァハリアス、フランク・ペーター・ツィンマーマン、他(15CD) : モーツァルト(1756

協奏曲 モーツァルト ピアノ 協奏曲 モーツァルト ピアノ

587『英雄コーブルクの勝利』• 1760年代、各地を訪れていたモーツァルト父子がパリに滞在したのは63年11月からの5ヵ月間と66年5月からの2ヶ月間である。 事実彼は第一楽章のカデンツァ(ピアノ の即興部分)を書いていて、それも傑作なので常によく演奏されます。 グラーフの伴奏にもう少し潤いがあれば言うことないのですが、これはこれでなかなかの好演というべきなのでしょう……。

4
協奏曲 モーツァルト ピアノ 協奏曲 モーツァルト ピアノ

「ウィーンの笛時計」賞を受賞した名演。

14
協奏曲 モーツァルト ピアノ 協奏曲 モーツァルト ピアノ

作曲の動機については不明であるが、モーツァルト自身第1・2楽章にカデンツァを書くなど、自信作だったことが伺える。

協奏曲 モーツァルト ピアノ 協奏曲 モーツァルト ピアノ

オーケストラはオコーナー盤と同じスコットランド室内管です。 第21,23,27番。 第20番のカデンツァはベートーヴェン作。

14
協奏曲 モーツァルト ピアノ 協奏曲 モーツァルト ピアノ

テンポを遅らせたりしないからでしょうか。 079。 Baerenreiter-Verlag, Kassel, 1960; BA 4524. KV 537 は pp. こういう人物を自分なりにイメージすると、自ずとその曲の演奏に対しても一定の希望が出てきてしまいます。

14
協奏曲 モーツァルト ピアノ 協奏曲 モーツァルト ピアノ

315 1778 教会ソナタ [ ] 詳しくはを参照• 61 537b [ ] 末頃にで作曲された断片のみの作品。 1967年公開のスウェーデン 映画ですが、いわゆるフレンチ・ヌーヴェルヴァーグ運動のス ウェーデン版といったところで、比喩的で詩句のような文言をセリフに散りばめ、のどかに展開して行ってラストで唐突な事故か爆弾などの悲劇によって唖然と させる手法はゴダールやトリュフォーの作品同様です。 アインシュタインはアンドレの補完が若干不満足なものであるとして、次のように述べている。

20
協奏曲 モーツァルト ピアノ 協奏曲 モーツァルト ピアノ

Mozart Piano Concerto No. 135:オペラ・セリア『ルーチョ・シッラ』 1773年 17歳 ミラノ、ザルツブルク、ウィーン [ ]• 清々しさ。 247 1776• London: Oxford University Press, 1945 , p. 315f 1778 未完成 ピアノ協奏曲 [ ]• 2007年に輸入盤2枚組で初リリースされた音源である。

12
協奏曲 モーツァルト ピアノ 協奏曲 モーツァルト ピアノ

230 196d ファゴット協奏曲 ヘ長調 fg,Orch 1775? この演奏の四年前の70年に The Windmills of Your Mind という胸のすくような曲がありますが、元歌は誰もが聞いたことのあるちょっと湿ったスローな調子なのに、言われなければ原曲がなんだかわからないほどに変 貌しています。

14