シンキング シティ 評価。 The Sinking City エンディングネタバレ 解説 【シンキングシティ】

評価 シンキング シティ 評価 シンキング シティ

「オークモント:Oakmont」という地名は 「オークの山:Oak Mount」,すなわちオークの樹が繁る山を意味している。

3
評価 シンキング シティ 評価 シンキング シティ

Point! 本作は、ラヴクラフトが探求した未知なる存在や絶望、孤独感といったテーマに従って構築されており、インスマスやアーカムからほど近い場所に位置するオークモントでの、謎の水位上昇はそれを表す表現の一つだそうだ。 実際、証拠からマップに印を付けて目的の建物を探したり、証拠を組み合わせて次の手掛かりを見つけた時は何とも言えない達成感があります。

12
評価 シンキング シティ 評価 シンキング シティ

本作のレビューを通して、一度オープンワールドは世界観を体験させるゲームデザインとして最適解ではないことを(いまさらすぎるが)書いておく必要はあるだろう。

評価 シンキング シティ 評価 シンキング シティ

結局、ビデオゲームである世界観を体験するということは、世界の中に入り込むことではなく、小説や映画と変わらず、文字や映像といった情報から、受け手が世界を想像させることとさして変わらない。

18
評価 シンキング シティ 評価 シンキング シティ

過去視とは? 重要な場面を時系列順に並べて証拠を入手 「過去視」を使うことで、過去に起きた出来事を見ることができる。

12
評価 シンキング シティ 評価 シンキング シティ

オープンワールドは世界観の体験ではなく想像させるデザインのひとつにすぎない ビデオゲームには進めない壁をはじめ、さまざまな限界はある。 よくあるオープンワールドでは次の目的地まで自動でGPSが表示され、何も考えずともそこまで移動すればいい。 では,ゲームのオリジナル要素なのかというと決してそうではない。

4
評価 シンキング シティ 評価 シンキング シティ

オークモントに上陸した主人公が2番めに遭遇することになる一族の家長,ロバート・スログモートンによれば,彼の父が「とある王家と縁を結び,我々子孫はそのお陰で皆この洗練された外見に恵まれた」ということだ。 その 場面を時系列順に並べることで新たな証拠を入手可能。 ではアドベンチャーベースのオープンワールドとはどういうことか? Frogwaresは「シャーロック・ホームズ」シリーズで培ったメカニクスを『The Sinking City』でも生かしている。

評価 シンキング シティ 評価 シンキング シティ

『The Sinking City』は初見のムードの良さ、大規模なクトゥルフ神話世界に触れられる点から、なんとか最後まで完走できる。 本作のゲームプレイについてはまだ多くが謎に包まれているため、これまでに公開されている、舞台となるオークモントの情報を中心に見ていこう。

9
評価 シンキング シティ 評価 シンキング シティ

ヴァンダー・バーグと会話する 机の上にある「カメラ」を拾う まずは机の上にある「折りたたみカメラ」を拾おう。 私立探偵は、何が原因で水位が上がり続けているのかを突き止めるため、この街の調査を始める。 小説家のハワード・フィリップス・ラヴクラフトが中心となって作り上げた「クトゥルフ神話」に大きな影響を受けている。

13