スパーズ 対 ウォリアーズ。 王者ウォリアーズが快勝、リーグ2位のスパーズを30点差で下す

ウォリアーズ スパーズ 対 ウォリアーズ スパーズ 対

ウェスタンカンファレンス決勝 ゴールデンステート・ウォリアーズ対サンアントニオ・スパーズ 👌 📺: — GoldenStateWarriors warriors ウォリアーズのルーキー パトリック・マコー The rook is puting in work on! この試合では、ヒートのにフロッピングの裁定が下り、ファイナルでは初の罰金が科された。 c AFP. はシカゴ・ブルズとのトレードで、、(後にに移籍)との交換でを獲得。 : 2019- デプス [ ] サンアントニオ・スパーズ2007-2008年シーズンのデプス ポジション スターター 2nd. : 2013-2015 C 14 , 2018-• ここから連勝は更に続き、レギュラーシーズンのフランチャイズ新記録の19連勝まで到達した。

4
ウォリアーズ スパーズ 対 ウォリアーズ スパーズ 対

: 2013-2015 C 14• ラウンド敗退 4, スパーズ 2 1975-76 50 34. は、55勝27敗でディビジョンを制してプレイオフに進出したが、1回戦でに1勝3敗で敗れた。 : 2017-• 次戦では、ウォリアーズ期待の若手の奮起で、ホームゲームを落としたが、ロードで1勝1敗と粘り、ホーム第5戦、ロード第6戦を連勝し突破した。

20
ウォリアーズ スパーズ 対 ウォリアーズ スパーズ 対

ここ5年で3度目の対決となったこのシリーズは、初戦はオルドリッジ、レナード、グリーンの活躍で124-92で圧勝したものの 、第2戦最終版、オフィシャルのミスコールの不運に見舞われ ホームゲームを落とすと共に 、終始、ダンカンを筆頭にディアウ、ウェストらフロントコート陣の不調が響き、、のビッグマン2人への対応に苦しみ、第3戦はアウェイで辛勝し2勝1敗とリードするも、第4戦の接戦を落とすと 、第5戦のホームゲームも91-95で連敗を喫し 、結局、、のオールスターコンビの勢いを止めることは出来ず、第6戦は、前半で31-55、最終的に99-113で大敗し 、2勝4敗でカンファレンスファイナルに進むことは出来なかった。 「俺たちはこのリーグでベストのシュート力を誇るチームではないよ。

9
ウォリアーズ スパーズ 対 ウォリアーズ スパーズ 対

第1戦は、前半戦を大量リードで折り返したにも関わらず、第3クォーター途中で、頼みの綱レナードが、と接触した際に、痛めていた左足首の負傷を悪化させるというアクシデントが発生。 その分、チームとしての完成度は高く、途中レナードとジャクソンの主力2名を故障で欠いたが、11月終わりまでの17試合を、13勝4敗の好成績でスタートをきった。 パーカー復帰後、らベンチメンバーの貢献も有り、7勝1敗と好調を維持していたが、右大腿四頭筋の故障により、プレーシーズンゲームを全休し 、開幕から27試合欠場していたレナードが、12月12日に行われた戦で復帰し16分の出場ながら13得点を記録するも、89-95で敗れ 、12月27日の戦でルディ・ゲイが踵を痛め、約2ヶ月の長期離脱をする中で、レナードは出場と欠場を繰り返しながら徐々に出場時間を増やしていくが、2018年1月5日に行われた戦で今度は肩を負傷し3試合を欠場、1月13日に行われた戦で復帰、19得点を記録したが 、右大腿四頭筋の完全な回復が見られず、1月17日、レナードが無期限で欠場すると発表した。

16
ウォリアーズ スパーズ 対 ウォリアーズ スパーズ 対

。 パワー・フォワードとして今季のオフェンスを支えてきたラマーカス・オルドリッジ(30)はこの日、右手の人差し指を痛めながらプレー。

16
ウォリアーズ スパーズ 対 ウォリアーズ スパーズ 対

3ポイントも高確率の28本中15本を沈め53. : 2009-2010• ウェスタンカンファレンスファイナル、サンアントニオ・スパーズ対ゴールデンステート・ウォリアーズ、ゲーム2。 : 1981-1985• ペイントエリア外で急にストップしミドルショットを放つことも多い。

5