杞原į…§å­ 嘘。 æąæ—ĨæœŦ大震įŊをäēˆč¨€ã—たäēˆč¨€č€…「杞原į…§å­æ°ã€

嘘 杞原į…§å­ 嘘 杞原į…§å­

ã“ãŽč¨˜äē‹ã‚’ごčĻ§ãŽčĒ­č€…さんは杞原į…§å­ã¨ã„うåĨŗ性をご存じでしょうかīŧŸīŧ“ãƒģ11ã“ã¨æąæ—ĨæœŦ大震įŊをįš„中させãĻいるäēˆč¨€ã‚„占いがéĢ˜įĸēįŽ‡ã§įš„中するäēēです。

5
嘘 杞原į…§å­ 嘘 杞原į…§å­

。 ãƒ–ãƒ­å‹ã•ã‚“ãŒčˆˆå‘ŗæˇąã„č¨˜äē‹ã‚’書いãĻたぎでåŧĩりぞす。

6
嘘 杞原į…§å­ 嘘 杞原į…§å­

振りčŋ”ãŖãĻ2011åš´2月16æ—Ĩぎäēˆč¨€ã‚’įĸēčĒã—ãĻãŋると、「čĻæ¨Ąã€ãĢついãĻは 「大きãĒæēれを感じる」とある。 それは 「曖昧さ」と ã€Œå¯žčąĄãŽčĩˇã“りやすさ」である。

8
嘘 杞原į…§å­ 嘘 杞原į…§å­

äģŠåēĻæēれるとåēƒį¯„å›˛ãĢ思える。

14
嘘 杞原į…§å­ 嘘 杞原į…§å­

æ‚Ēåžŗ芐æŦēじゃãĒければ一äŊ“ãĒんãĒんでしょうねīŧŸīŧŽīŧ°īŧ¯æŗ•ã‚‚ゆるくãĻã“ã‚Œã˜ã‚ƒã‚ã€čŠæŦēãĢã˛ãŖかかãŖたäēēがéĻŦéšŋをãŋる。 こぎ時į‚šã§ãŸã‹ã‚Šã§ã—ょ。

嘘 杞原į…§å­ 嘘 杞原į…§å­

かãĒã‚Šã‚ˇãƒ§ãƒƒã‚­ãƒŗグãĒäēˆč¨€ã§ã™ãŒã€ äŧŠčą†åŠåŗļäģ˜čŋ‘でį™ēį”Ÿã™ã‚‹M6į´šãŽåœ°éœ‡ãŒį™ēįĢ¯ã¨ãĒり、南æĩˇãƒˆãƒŠãƒ•åœ°éœ‡ã¨įŗ¸é­šåˇīŧé™å˛Ąæ§‹é€ įˇšã‚’é€Ŗå‹•ã™ã‚‹åˇ¨å¤§åœ°éœ‡ãŒčĩˇã“り、「 æ—ĨæœŦ列åŗļ切断」がčĩˇãã‚‹ã¨äēˆč¨€ã—ãĻいぞす。 īŧžå¤§æ‘さんぎ毒気ãĢ比ずれば、杞原さんãĒお、ぞだ可愛いもぎでしょう。

嘘 杞原į…§å­ 嘘 杞原į…§å­

åŊ霊čƒŊ者ãĢ騙されるäēēを減らしたいīŧ ごčŗ›åŒãã ã•ã‚‹æ–šã¯åŋœæ´ãŽã‚¯ãƒĒãƒƒã‚¯ãŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ã€‚ そしãĻ、æˆĻ垌、ãĒぜかå‡Ļ刑されずãĢåˇŖ鴨プãƒĒã‚ēãƒŗからå‡ēãĻきãĻ、æ—ĨæœŦぎéĻ–į›¸ãĢãĒãŖたぎでしたね。

12
嘘 杞原į…§å­ 嘘 杞原į…§å­

おういうå›ŖäŊ“ですかīŧŸ īŧžã“ういãŖãŸæ–šã€…ã¨ã€åŒã˜č€ƒãˆãĒぎかãƒģãƒģãƒģと思われãĻã—ãžã†åąé™ē性がありぞすよ。 å˛Šæ‰‹ãƒģį§‹į”°ãƒģåąąåŊĸãƒģ厎城ãƒģįĻåŗļãƒģčŒ¨åŸŽ これだけ書けばåŊ“たるだろうと思えるįœŒåã ãŒ 書かずãĢはおれãĒい思いãĢãĒりぞす。