įˇ¨ãŋ ぐるãŋ į°Ąå˜ã€‚ あãŋぐるãŋぎįˇ¨ãŋæ–š5選īŧåˆåŋƒč€…でもį°Ąå˜ãĢ手įˇ¨ãŋができるīŧ

ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ

あとパãƒŧツをčļŗすとしたら、小さãĒ円åŊĸをįˇ¨ã‚“でéŧģåŖぎ周りぎãƒĸフ感をå‡ēすとかしãŖãŊをつけãĻあげるとかするといいかもです。 そぎį‚šã‹ãŽé‡ã§ã‚れば途中でやめãĻおいãĻも、再開するįˇ¨ãŋ始めぎ部分が分かりやすいぎで、初åŋƒč€…ぎ斚でもすぐãĢ取り掛かることができるぎです。

7
ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ

æĩˇå¤–ではã‚ŗãƒŗビネãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗįˇ¨ãŋとå‘ŧばれãĻいるようです。

ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ

8最初ぎこぞįˇ¨ãŋぎ頭ãĢåŧ•ãæŠœãã€įĢ‹ãĄä¸ŠãŒã‚ŠãŽéŽ–į›Žã‚’1į›Žįˇ¨ãŋぞす。 į‰šãĢã‚ĸクãƒĒãƒĢ100īŧ…ぎ毛įŗ¸ã¯äžĄæ ŧã‚‚åŽ‰ãã€å¤ąæ•—ã—ãĻ毛įŗ¸ã‚’ãƒ€ãƒĄãĢしãĻしぞãŖãĻも気čģŊãĢč˛ˇã„čļŗすことができぞす。

ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ

ですぎで、最初はすずãĻ100均で揃え、垐々ãĢグãƒŦãƒŧドã‚ĸップしãĻいãŖãĻã‚‚č‰¯ã„ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚ ベãƒŧã‚ˇãƒƒã‚¯ã‚ŗットãƒŗīŧˆ1į•Ēīŧ‰ãƒģåˆēįšįŗ¸īŧˆčŒļ色īŧ‰â€ĸ éƒ¨åą‹ãŽä¸­ãŒč¯ã‚„ã‹ãĢãĒりぞすね。

ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ

æē–備するもぎâ€ĸ 1ゆるめぎ鎖įˇ¨ãŋを14į›Žįˇ¨ãŋ、čŧĒぎåŊĸãĢしぞす。

17
ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ

įˇ¨ãŋå›ŗぎčĻ‹æ–šãŒåˆ†ã‹ã‚‰ãĒかãŖたり、čĻ‹ã‚‹ãŽãŒéĸ倒であればこぞįˇ¨ãŋã¨é•ˇįˇ¨ãŋぎãŋでもįˇ¨ã‚ãžã™ã‚ˆã€‚ ぞた毎回同じ場所で減らしį›Žãƒģåĸ—やしį›Žã‚’しãĻいると、そぎįˇ¨ãŋį›ŽãŒãƒŠã‚¤ãƒŗįŠļãĢčĻ‹ãˆãžã™ã€‚ 。

ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ ぐるãŋ į°Ąå˜ įˇ¨ãŋ

掋しãĻあるįŗ¸ã‚’毛įŗ¸é‡ãĢ通しぞす。

20