蒙古 襲来 絵巻。 絵巻物『蒙古襲来絵詞』が伝える蒙古襲来の生々しい実態・・・【情熱的読書人間のないしょ話(1053)】 « 榎戸誠の情熱的読書のすすめ

襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

『』によれば、後年、文永の役についてクビライとその重臣・の会話の中で「(文永の役にて) 兵を率いて征伐しても、功を収められなかった。

6
襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

倭兵10万と遇い、これを戦い敗った」 とのみ記載し、劉復亨が戦闘で負傷し戦線を離脱していたことには触れていない。 再び大敗し、すなわち帰る( 弘安の役)」 としている。 博多湾岸に約20kmもの防塁を築いていたのである。

16
襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

少なくとも、「集団戦法を得意とする蒙古兵をよく表しているから、これは 加筆では無い」ということにはならないと思います。 周りで評価してくれる人がいなければ、自分で独立するまでかなと個人的には思っております。 床も2ドワ(約4cm)の厚みのある金の板が敷きつめられ、窓もまた同様であるから、宮殿全体では、誰も想像することができないほどの並外れた富となる。

襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

弘安の役の一場面では、「季長の馬の尻の下に、茶色い塊がある。 この時の対馬の惨状について、の宗祖・は以下のような当時の伝聞を伝えている。 もしも日本が元軍の侵攻を許し、植民地になっていたら・・・考えるだけで恐ろしい運命が待ち受けていただろう。

11
襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

高麗は朕の 東藩である。 元寇において活躍したのが、竹崎季長です。 竹崎季長が蒙古襲来絵詞を描かせた理由ですが、自分の武功を後世に伝えるためとも言われています。

17
襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

さらに東国からは援軍が続々と出陣していたが、彼らが到着する前に元軍は引き揚げていたのである。

5
襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

(中略)そもそも貴国はかつて我が国と人物の往来は無かった。

9
襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

に入ると『』などのが輸入され、における元朝の略称である「元」という呼称、また、クビライを指して「胡主」・「胡元」といったに対する 貶称 ( へんしょう )も用いられるようになる。 楽翁本とは、寛政年間 1789~1800 に松平定信が写させたものですから、九大本はかなり早い時期の模本といえます。

9
襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

蒙古国書への対応を巡る朝廷の 評定 ( ひょうじょう )は連日続けられた。 弘安の役と竹崎季長 竹崎季長は、2回目の元寇である弘安の役にも参戦しています。 の御家人・(とごう これちか)は鳥飼潟の戦いにおいて奮戦。

17