年金 受給 者 確定 申告。 年金の確定申告|申告すると税金が戻ってくるケースとは|税理士検索freee

者 確定 申告 年金 受給 者 確定 申告 年金 受給

ここでいう所得とは「給与の収入金額」から「給与所得の控除額」を引いた金額となります。

10
者 確定 申告 年金 受給 者 確定 申告 年金 受給

給与などの支払者の名称・所在地……保険会社の名称と住所を記入• 年金の確定申告時に注意すべき所得控除は4つ 年金の確定申告をする人で、70歳以上の人は次の4つの所得控除に注意してください。 この場合は住宅借入金等特別控除の対象となり、控除適用後は10年間住宅ローン残高の1%分が毎年控除される。 減価償却費用が高額になる 前項で紹介した経費のうち、特に減価償却費用は高額になりやすいです。

者 確定 申告 年金 受給 者 確定 申告 年金 受給

所得金額の合計額が20万円以下であれば、条件2も満たすことができ、確定申告の必要はありません。 この場合は税金を多く納めすぎている可能性があり、それを戻してもらうためには確定申告をする必要があるのです。 内容をまとめると以下のようになります。

者 確定 申告 年金 受給 者 確定 申告 年金 受給

ただし、2月中旬以降は電話も混み合うため、源泉徴収票が届く1月に手続を始めるのがおすすめだ。 そうしたケースでは、でご説明したように、 申告の際に「所得税は総合課税、住民税は申告不要」という組み合わせを選ぶことで、住民税の課税所得などを基に計算される保険料に影響を与えずに済みます。 しかし、配当金や分配金を受け取った人なら、申告することで節税につながる可能性が大きいのです。

者 確定 申告 年金 受給 者 確定 申告 年金 受給

公的年金等の源泉徴収票• 公的年金等 老齢基礎年金、老齢厚生年金、企業年金、恩給など の収入金額の合計額が 400万円以下の人• シニアにe-Taxはおすすめ! 年金受給者の中で確定申告が必要な人は、e-Taxにチャレンジしてみよう。

14
者 確定 申告 年金 受給 者 確定 申告 年金 受給

1.年金受給者に確定申告は必要? 不要? 国民年金や厚生年金のような公的年金を受け取っている方は、一定の条件を満たすと「確定申告不要制度」が利用できます。

12
者 確定 申告 年金 受給 者 確定 申告 年金 受給

そのような人が還付申告をすることで、すでに納付した分と最終的に確定した所得税額の差額分だけ還付金を受け取れるようになる。 減価償却費用• 毎年1~2月になると、日本年金機構や企業年金の管理者などから「令和〇〇年分 公的年金等の源泉徴収票」という確定申告向けの書類が年金受給者宛に送られてきます。 ただし、前項の「確定申告必須」の条件に当てはまらず、 確定申告不要制度を利用できる人でも、「確定申告をした方がお得」なケースがあります。

12