唯々 čĢžã€…。 「唯々čĢžã€…」ぎ意å‘ŗとčĒ­ãŋ斚とはīŧŸč‹ąčĒžã¨éĄžčĒžã€äž‹æ–‡ãĢよるäŊŋい斚をごį´šäģ‹

čĢžã€… 唯々 čĢžã€… 唯々

" at a person's beck and call"で「īŧˆīŊžãŽīŧ‰č¨€ã„ãĒりãĢãĒる」ぎ意。

18
čĢžã€… 唯々 čĢžã€… 唯々

「åĒ々」ぎ意å‘ŗ 「åĒ々」は 「ただただ」とčĒ­ãŋぞす。

18
čĢžã€… 唯々 čĢžã€… 唯々

「å„ĒįŦ‘䞏儒 しゅじゅ、åˇĻåŗčŋ‘įŋ’、此 これäēēä¸ģæœĒ いぞだå‘ŊぜずしãĻ唯唯、æœĒだäŊŋわずしãĻčĢžčĢžã€æ„ãĢå…ˆã ãĄæ—¨ã‚’æ‰ŋ ã†ã‘ã€č˛Œ ãŧうをčĻŗ ãŋč‰˛ã‚’å¯Ÿã—ã€äģĨ もãŖãĻä¸ģぎåŋƒãĢ先だつãĒり」īŧˆåŊšč€…や道化å¸Ģã€åž“č€…ã‚„äģ˜ãäēēãĒおはä¸ģäēēがぞだäŊ•ã‚‚å‘ŊじãĻいãĒいぎãĢã€Œã¯ã„ã€ã¨č¨€ã„ã€äŊ•ã‚‚させãĒã„ã†ãĄãĢã€Œã¯ã„ã€ã¨č¨€ã„ã€ä¸ģ君ぎ意向ãĢ先回りしãĻ意ãĢæˇģうようãĢã—ã€æ§˜å­ã‚„éĄ”č‰˛ã‚’ã†ã‹ãŒãŖãĻ、ä¸ģ君ぎåŋƒãĢå…ˆå›žã‚Šã—ã‚ˆã†ã¨ã™ã‚‹č€…ãŸãĄã§ã‚ã‚‹īŧ‰ åĨ例 唯々čĢžã€…としãĻå‘Ŋäģ¤ãĢ垓う į”¨äž‹ č‡Ē分が、åŋƒã‚’かけるとおぎåĨŗも、唯々čĢžã€…としãĻč‡Ē分ぎåŋƒãŽãžãžãĢåž“ãŖた。

čĢžã€… 唯々 čĢžã€… 唯々

両者ãĢは、厉易ãĢ同čĒŋしãĻいるįŠļ態と、åŋƒãŽã†ãĄã¯ãŠã†ã§ã‚ã‚Œã€č¨€ã„ãĒりãĢãĒãŖãĻいるįŠļ態とぎ違いがあることがポイãƒŗトです。 äģ–äēēぎä¸ģåŧĩãƒģčĻæą‚ãĢ寞しãĻ、č‡Ē分ぎ頭でしãŖã‹ã‚Šã¨č€ƒãˆãĻ判断せずãĢ、į›˛į›Žįš„ãĢただそぎä¸ģåŧĩãƒģčĻæą‚ãĢåž“ãŖãĻしぞうこと。

14
čĢžã€… 唯々 čĢžã€… 唯々

つぞり「唯々čĢžã€…」ぎæŧĸå­—ã‹ã‚‰ã¯ã€ã€Œã¯ã„ã¯ã„ã€ã‚ã‹ã‚Šãžã—ãŸã‚ã‹ã‚Šãžã—ãŸã€ã¨ã„ã†ã€č¨€ã„ãĒりãĢãĒãŖãĻいるäēēぎ様子がčĻ‹ãĻ取れぞす。 同じ意å‘ŗãŽč¨€č‘‰ãŒé€Ŗįļšã™ã‚‹ã“とで、「はいはい」と、čģŊくį­”えãĻいるようãĒ意å‘ŗ合いãĢãĒりぞすね。

3
čĢžã€… 唯々 čĢžã€… 唯々

į›¸æ‰‹ãŽč¨€ã†ãŒãžãžãĢ 唯々čĢžã€…と受けį­”えしãĻしぞãŖた。

čĢžã€… 唯々 čĢžã€… 唯々

äģŠãžã§į§ã¯æ‚ ã€…č‡Ē遊、į‹ŦįĢ‹į‹Ŧ歊でやãŖãĻきた。 唯々čĢžã€…ぎčĒžæēã¯ã€ä¸­å›Ŋぎ『韓非子īŧˆã‹ã‚“ぴしīŧ‰ã€ãŽä¸€į¯€ãĢありぞす。 意å‘ŗぎ前ãĢčĒ­ãŋ斚ですが、「唯々čĢžã€…」は 「いいだくだく」 とčĒ­ãŋぞす。

čĢžã€… 唯々 čĢžã€… 唯々

īŧģå‡ē典īŧŊ 『韓非子』ぎå…Ģå§Ļ。

čĢžã€… 唯々 čĢžã€… 唯々

「 čĢžã€ã¯åŧ•ãå—けることで、「 čĢžã€…」は「かしこぞりぞした」とæ‰ŋįŸĨすることです。 æŦ˛ã—がるもぎを唯々čĢžã€…と与えãĻいãĻã¯ã€å­ã¯čž›æŠąãŒã§ããĒくãĒる。

13