ã‚ąãƒãƒŖップ ナイ゚。 ã‚ąãƒãƒŖップã‚ŗãƒŧãƒŗナイ゚

ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ

ワãƒŗプãƒŦãƒŧトãĢしãĻお子様ナãƒŗチぎようãĢ旗をåˆēせば、お子様も大喜ãŗでéŖŸãšãĻくれそうīŧ ハãƒŗバãƒŧグぎã‚Ŋãƒŧã‚šã‚’ãƒ‡ãƒŸã‚°ãƒŠã‚šã‹ã‚ąãƒãƒŖップįŗģãĢã™ã‚Œã°ã‚ąãƒãƒŖップナイ゚とぎį›¸æ€§ã‚‚抜įž¤ã§ã™ã€‚ įšŽãĢフりãƒŧクでįŠ´ã‚’開けたéļč‚‰ã€é•ˇãƒã‚Žã‚’上ãĢ䚗せぞす。

ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ

フナイでもあãŖさりしãĻいるぎで、しãŖかりとしたå‘ŗãŽã‚ąãƒãƒŖップナイ゚ともよく合いぞす。

16
ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ

お子様もきãŖとåĨŊきãĒįĩ„ãŋ合わせだと思いぞすよ。 おろしニãƒŗニク、おろしį”Ÿå§œã€ã‚ąãƒãƒŖップ、éļãŒã‚‰ã‚šãƒŧãƒ—ã€åĄŠã‚ŗã‚ˇãƒ§ã‚Ļã‚’åŠ ãˆã€ã‚ˆãæˇˇãœãžã™ã€‚ 【3】フナイパãƒŗをã‚ĩッと拭いãĻ、掋りぎã‚ĩãƒŠãƒ€æ˛šã‚’į†ąã—ã€é•ˇã­ãŽã‚’į‚’める。

19
ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ

äģŠå›žã¯ãã‚“ãĒã‚ąãƒãƒŖップナイ゚ãĢ合うおかずをį´šäģ‹ã—たいと思いぞす。 【問4】 ã‚Ēムナイ゚ãĢäŊŋうåĩã¯ã€ã€Œå†ˇč”ĩåēĢã§å†ˇã‚„ã—ãĻおく」、「常渊ãĢしãĻおく」、おãŖãĄīŧŸ į­”えは「常渊ãĢしãĻおく」。 ã‚ąãƒãƒŖップがį…ŽčŠ°ãžãŖたら、ごéŖ¯ã‚’加えãĻさãŖã¨æˇˇãœãĒがらį‚’めぞす。

ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ

チキãƒŗãƒŠã‚¤ã‚šãŽæ­´å˛ チキãƒŗナイ゚はæ—ĨæœŦį™ēįĨĨぎ洋éŖŸã¨ã•ã‚ŒãĻいぞす。 そぎため、 「åĩ」はčĒŋį†ã™ã‚‹å‰ãĢå†ˇč”ĩåēĢからå‡ēしãĻ10分į¨‹åēĻįŊŽã„たãƒĸノをäŊŋうぎがいい。

2
ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ

教えãĻくれたぎは 鈴木č–Ģさん čēĢčŋ‘ãĒéŖŸæã§į°Ąå˜ãĢäŊœã‚ŒãĻ、 おいしくãĻ、ã‚ģãƒŗ゚ぎいい ãƒŦã‚ˇãƒ”ãŒäēē気。

10
ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ ナイ゚ ã‚ąãƒãƒŖップ

ããŽã“éĄžã‚’ãƒã‚ŋãƒŧでしãŖかりとį‚’めぞす。