ひとつ づつ。 「ずつ」と「づつ」の違いとは?どちらが正しいの?

ぼつ ひとつ ぼつ ひとつ

ただ、文章を書くときに「どちらが正しいんだったかな?」と悩むこともあるかもしれませんので、現代仮名遣いの「ずつ」を使ったほうが無難でしょう。 広いお部屋には「電気香炉 こだち」をお薦め致します。

ぼつ ひとつ ぼつ ひとつ

「ずつ」の意味 「ずつ」とは 「ずつ」とは、 数量を等しく割り当てることや、一定量を繰り返すことを意味しています。 PEAR 4• 二語がつながる中で「ち」や「つ」に濁点がついてしまうケースは他に、「間近(まぢか)」「近々(ちかぢか)」「ちりぢり」、「竹筒(たけづつ)」「手綱(たづな)」「つくづく」などがあります。 たとえば鼻血の場合、「鼻 はな 」と「血 ち 」が合わさって「鼻血」という言葉を作っています。

19
ぼつ ひとつ ぼつ ひとつ

もとの単語の読み方が「つ」であるにも関わらず、発声のために濁音になったときは「づ」を使います。

18
ぼつ ひとつ ぼつ ひとつ

本記事では、「ずつ」と「づつ」どちらを使うべきなのかや、言葉に濁点をつけるときに迷わない判断の仕方をご紹介します。

8
ぼつ ひとつ ぼつ ひとつ

表現方法は「一人づつ」「少しづつ」「一個づつ」 「一人づつ」「少しづつ」「一個づつ」などが、ずつを使った一般的な言い回しです。 実際に、昭和21年までは、歴史的仮名遣いの名残りである「づつ」を使用していました。 NetBeans 1• 「ずつ」が正解。

2
ぼつ ひとつ ぼつ ひとつ

同音である「ずつ」と混同されがちな表現ですが、現代語では「ずつ」が推奨されており、「づつ」はあまり使用されません。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 表記の慣習による特例と書かれていますが、本則というルールがあって、それに付随する様々な例外があることがわかります。

1