側 面積 の 求め 方。 三角柱の底面積、側面積、表面積の求め方

の 方 求め 面積 側 の 方 求め 面積 側

そこで、円周の長さを出す公式を利用しましょう。 立方体でなくても直方体でもよいのですが、切り分けた四角すいの形が違うと一目で体積が等しいとはわかりにくいのであえて立方体を使って説明します。

7
の 方 求め 面積 側 の 方 求め 面積 側

そのため小さいほうの円周を計算すれば、内側の側面積を出すことができます。

12
の 方 求め 面積 側 の 方 求め 面積 側

b 最初に側面積を計算しましょう。

19
の 方 求め 面積 側 の 方 求め 面積 側

展開図から円柱を組み立ててやれば、「底面の円周」が「側面のヨコの辺」と重なっているのがわかるはず。 この長さは 「円柱の底面の円周長さ」と等しいんだ。 これは丸暗記するしかないですが、問題を解いているうちに自然と身についていくでしょう。

18
の 方 求め 面積 側 の 方 求め 面積 側

言葉からも想像がつくように、側面積とは側面の面積であり円柱では、以下の図の部分の面積に相当するのです。 その後、底面積(円の面積)を出しましょう。 一方で、見取り図を解体して、ぺらぺらの平面状にした図を 展開図といいます。

10
の 方 求め 面積 側 の 方 求め 面積 側

立方体の底面積 立方体は全ての辺が同じ長さです。 立方体の底面積と計算式は同じです。

16
の 方 求め 面積 側 の 方 求め 面積 側

(2)底面が半径5cm、母線が13cm、高さが12cmの円錐。 四角すいの2倍の高さである立方体に6つの四角すいが入るということがわかったところで、1つの四角すいの高さに合わせて立方体を半分にしてみます。 だけれども、この計算方法さえ覚えておけばもう大丈夫。

2
の 方 求め 面積 側 の 方 求め 面積 側

円すいの側面を考える 四角すいなどの表面積をもし聞かれた場合には、側面の1つ1つは三角形になっているので長さがわかっていれば計算することが可能です。 この方法としては、底面積と側面積を計算するようにしましょう。

の 方 求め 面積 側 の 方 求め 面積 側

おうぎ形の面積は半径と中心角がわかれば求めることができます。 よって底面の面積は「正方形の面積」を求めればよいですね。 円柱の展開図は以下のようになります。

2