インパール 作戦。 5分でわかるインパール作戦!真実は?経過と結果などをわかりやすく解説

作戦 インパール 作戦 インパール

この点は第15軍としても先刻承知の上であり、事前に輜重部隊の増援を要求したものの、戦局はそれを許さなかった。

18
作戦 インパール 作戦 インパール

会談当時は1944年5月予定だったがこれを1カ月延期するかが問題になっていた。 インパール作戦における牟田口の暴挙が広く一般に知られるようになったのは、戦後、言論が自由になってからのことです。

6
作戦 インパール 作戦 インパール

兵は30kg - 60kgの重装備で日本アルプスを越え、途中山頂で戦闘を交えながら岐阜に向かうものと思えば凡その想像は付く。 第15軍司令官で「インパール作戦」を決行した牟田口廉也(陸軍中将)の人物像を理解するため、牟田口中将の生前のエピソードや人となりをいくつか紹介します。

8
作戦 インパール 作戦 インパール

若い頃の牟田口廉也は、無能というよりは、優秀な軍人だったことは間違いないと思われます。 援蔣ルートのひとつ「レド公路」 「援蔣ルート」を遮断するため1944年に行われたインパール作戦では、インドを支配していたイギリス軍と激突することとなる。 カイロ会談においては、本作戦は北部スマトラに対する進攻として扱われたが、は11月8日、本作戦に対しては必要な援助を与えることができないから、アンダマン作戦を早期に開始することに同意したが、「ビルマ南部の日本軍を釘付けにするために、更に別個の陸、海、空の作戦を実施することが出来るものと信ずる」とマウントバッテンにこの問題を研究するように勧告した。

6
作戦 インパール 作戦 インパール

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 太平洋戦争の末期、日本軍により実施された東インドのインパールに対する進攻作戦(ウ号作戦と呼称)。

5
作戦 インパール 作戦 インパール

高木俊朗は小説『戦死』の中で、牟田口ではなく第55歩兵団長の訓示としても、「手を切られたら足で戦い、手足を切られたら、口で噛みつき、息が絶えたら怨霊となって敵を悩ます。 出典 132• 腕もなくなったら足で蹴れ。 また第15師団の生存者が証言するところによれば、弾薬が尽きた部隊は、で抵抗するしかなくなっていた。

20
作戦 インパール 作戦 インパール

いずれの日にか再び来たって英霊に託びん。 この大馬鹿者」と手持ちの杖でその少佐を何度も叩いた。

20