刑事 訴訟 法。 刑事訴訟法における捜査

訴訟 法 刑事 訴訟 法 刑事

管束羈押之被告,應以維持羈押之目的及押所之秩序所必要者為限。 因第一項之法定障礙事由致二十四小時內無法移送該管法院者,檢察官聲 請羈押時,並應釋明其事由。

6
訴訟 法 刑事 訴訟 法 刑事

第157条の5 裁判所は、証人を尋問する場合において、犯罪の性質、証人の年齢、心身の状態、被告人との関係その他の事情により、証人が被告人の面前 (次条第1項及び第2項に規定する方法による場合を含む。

5
訴訟 法 刑事 訴訟 法 刑事

明治刑訴法は、それまで約33年間通用していましたし、治罪法と全く一緒だったわけでもありませんから、その刑事弁護についての規定を確認しておきたいと思いますが、その前に、旧憲法と裁判所構成法の刑事訴訟法に関連する内容を簡単に確認しておきたいと思います。 それはともかく、前述の179条2項の但書は、治罪法当時と同様、代言人 弁護士 の人数に関わっていたと考えられます。

14
訴訟 法 刑事 訴訟 法 刑事

違背法院依第一項或第三項所定應遵守之事項者,得逕行拘提。 個人的に。 つまり捜査機関が逮捕してから検察官が公訴提起する前までと,検察官が公訴提起してからの訴訟の流れが同じ法律内で書かれているため,どちらも勉強しなければならないということですね。

6
訴訟 法 刑事 訴訟 法 刑事

四、所犯為死刑、無期徒刑或最輕本刑為五年以上有期徒刑之罪,嫌疑重 大,有事實足認為有逃亡之虞者。

訴訟 法 刑事 訴訟 法 刑事

被告如無辯護人, 而不欲行詰問時,審判長仍應予詢問證人、鑑定人之適當機會。

13
訴訟 法 刑事 訴訟 法 刑事

)は、その検察官請求証人等の供述の証明力の判断に資するような被告人その他の関係者との利害関係の有無を確かめることができなくなる場合その他の被告人の防御に実質的な不利益を生ずるおそれがある場合を除き、被告人及び弁護人に対し、証拠書類又は証拠物のうちその検察官請求証人等の氏名又は住居が記載され又は記録されている部分について閲覧する機会を与えないことができる。 四、具體之限制方法。 以上のように、いくらか進展もみられましたが、まだまだ不十分であったことは間違いありません。