お ぎゃ 子。 じゃりン子チエ

ぎゃ 子 お ぎゃ 子 お

若い頃は好き放題にやっては多くの猫たちの恨みを買っていた(息子のジュニアがその尻拭いを受けることになる)。

18
ぎゃ 子 お ぎゃ 子 お

タイトル - 高具秀雄、田上淑子• その後は抜け殻のようになり、酒に溺れる毎日を送っていたが、アントニオと道端で出会うことで人生が変わる。 そのため対面時は「お母はん」、テツが都合の悪い時は「ママ」とテツから呼ばれている。 美術監督 -• プロデューサー - 田中翔、土方隆、吉江輝成、、礒谷徳知、佐藤裕士• 料理が得意。

11
ぎゃ 子 お ぎゃ 子 お

テレビのエンドロールではおバァと表示される。 遅刻の常習犯にしてギャル的な外見でもあるため、周囲からは「遊んでる」「ビッチ」などと言われたり思われたりすることも少なくないが、見た目とは違って本人はいたって純情な処女である。

9
ぎゃ 子 お ぎゃ 子 お

アントニオの命日(毎月14日)には、必ず剥製となったアントニオの前で延々と読経しており、時折、小鉄やジュニアも参加させられる。 体育教師 声 - 女子の体育を担当する女性。 そのため、劇中ではチエやヒラメの制止役となることも多く、マサルやテツがチエの暴力 といっても、非はたいてい相手側にある に対し、盾にすることもしばしば。

ぎゃ 子 お ぎゃ 子 お

じゃりン子チエ( 大阪)• 撮影監督 - 小池里恵子• 付き合い始めの頃は、テツのことを「竹本君」と呼んでいるシーンがある。 チエとヒラメはそこまで彼を嫌っておらず、むしろマサルがいない場面では、意図的にタカシ君と呼ぶなど独り立ちを促す場面も多く、それに対し幾度となく心が揺れている場面がある(だが、基本はマサルとの男の友情を持っており、マサルもタヌキ騒動の際に、彼だけに真意を打ち明けている)。

18
ぎゃ 子 お ぎゃ 子 お

店員さん 声 - ギャル子の通う下着売り場の女性。 またまつ毛単独のシールとまつ毛と目が一緒に印刷されたタイプもあります。 その時、ギャル子好みの髪型にされ、ギャル子が気になる様子。

2
ぎゃ 子 お ぎゃ 子 お

その穴の周りが一夜にして観光地化、1週間後、男が助けられた夜、モグラ怪人が村を襲う。 その為、イラスト等ではのキャラとして描かれることもある。 じゃりン子チエ(、 銀座みゆき座劇場)• なお、漢字での名前は「竹本 哲」。

6
ぎゃ 子 お ぎゃ 子 お

大学時代(作中にはであることが暗示されている)は部所属で学生横綱として活躍すると共に、 研究の第一人者として将来を嘱望され、大学卒業後も大学に残って研究を続けたが、権威をかさに着る指導教授(氏名は横島厚顔 第25話より)と衝突を繰り返し、遂には全裸にひん剥いて学内の樹に吊るしてしまう。 あだ名は自分で名乗った。

20