山口 真帆 裁判。 山口真帆暴行事件のAKSと犯人の裁判が和解成立へ。事件の真相不明もメンバー関与無しの形で終結、茶番と批判の声。

裁判 山口 真帆 裁判 山口 真帆

なんとももどかしいですね。 この時点でAKS側は、事実関係を明らかにするためとして男性2人への尋問を求めており、和解に関しても「留保する」とし、一方の被告側は和解を前向きに検討する姿勢を示していたのですが、結局はAKS側も矛を収め、和解に向けて被告側とやり取りしていることを今回明らかにしました。 山口との関係を修復するため話し合おうと、自宅前で事件になった。

16
裁判 山口 真帆 裁判 山口 真帆

所詮、ファンの声や商売道具の一つでしかないメンバーの叫び声など権力者には届かないということがよくわかった。 3月22日、ついに暴行事件の第三者委員会による調査報告会見が行われ、松村匠運営責任者兼取締役(すでに解任)や、早川麻依子NGT48劇場支配人らが登場。

裁判 山口 真帆 裁判 山口 真帆

そんな簡単に調べて分かる事を裁判の準備書面に書くのは不自然。 DMを2回返信してしまったが私的に会った事はない。 《私は平成28年11月27日に幕張メッセで開かれた「LOVE TRIP」握手会、平成28年12月17日インテックス大阪で山口真帆と会話をしました。

8
裁判 山口 真帆 裁判 山口 真帆

なんて事…。 記事によれば、この数字は事件の現場となった山口真帆の部屋番号を示しているそうで、<同じマンション内で2人の私的交流があったことをうかがわせる>とあった。 NGT公式が何も発表していない中でのサプライズ出演で、なぜか山口さんが騒動を謝罪するという謎の演出に、NGT運営への批判が強まっています。

裁判 山口 真帆 裁判 山口 真帆

それによると、被告の1人は2017年2月または3月に行われた握手会で山口真帆に<運営を介さずにプレゼントを贈ったりしたいので、私的に会ってほしい>と頼んだという。

16
裁判 山口 真帆 裁判 山口 真帆

<私は先月公演終わり帰宅時に男2人に襲われました> <あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、あるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそのかしていました> 居住する新潟市内のマンション(NGT48メンバーが寮として使用)で男2人に襲われたのは、この2018年12月8日のことだった。

14
裁判 山口 真帆 裁判 山口 真帆

ところで、宿題になったままの説明会見まだですか?• こんな会社ある?」と、堰を切ったようにAKSへの不満をぶちまけるのだった。

16
裁判 山口 真帆 裁判 山口 真帆

ちなみに被告はこの動画内で、AKSへ請求棄却を求めたうえで、前述の「スポニチ」に掲載された山口との証拠写真をメディアに流したのは自分ではないと否定していた。 この時点では、NGT運営側はまだコメントを出していません。 それが目的の裁判でしたよね? それがなければ、NGTはおろか、AKSがグループを所持してる限りは完全に終わりだと思いますよ。